株価と原油価格の暴落と今後の見通し

先週、株価暴落の記事を投稿しましたが、やはりこのまま行きそうですね。


利上げの影響と株価の暴落
https://www.pt-jepun.com/economy/kiji1038.html


NYダウ、東証ともに下げ止まりません。


NYダウ1万6000ドル割れ、原油一段安で売り殺到
http://megalodon.jp/2016-0118-1507-22/news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2681208.html

<東証>続落、一時480円安 世界的株安と原油安警戒
http://megalodon.jp/2016-0118-1510-53/news.biglobe.ne.jp/economy/0118/mai_160118_3466408955.html



バルチック海運指数を参照すると、実体経済の方は、ここ5年ほどで半分に冷え込んでいるのが分かります。


bdiy5y
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=BDIY%3AIND


さらに!

夏以降は、坂道を転げるように、急激に冷え込んでいます。


bdiy6m


つまり、本来こんな感じで、もっと早く世界的に株価が下がるはずだった訳ですよね?


ところが、経済破綻を隠して、何とかドル体制を維持したい米国としては。。。

原油を世界的に出し惜しみさせながら、日本やEUに円やユーロを増刷させて、その資金を株に突っ込む!

さらに、日本では、安倍政権を使って、年金基金も株に突っ込ませる!


GPIFを改革する本当の理由って?
https://www.pt-jepun.com/economy/kiji466.html


こうして、原油を高止まりさせながら、ユーロや円の価値を下げてドル石油体制を防衛し、さらに株価を上げて好景気を演出していた!という感じでしょうか?


ところが、中露が米国債を売って借金回収に入り、ロシアが原油を記録的に増産した事で、粉飾し切れない状態に!

そして、それが今一気に吹き出している訳ですね。


人民元の切り下げと天津爆発事故
https://www.pt-jepun.com/world/kiji795.html

原油価格とシェール・デリバティブと安保法案
https://www.pt-jepun.com/world/kiji808.html



さてさて、今後の見通しですが、中国は前例のないペースで米国債を売り続けていますし、制裁解除されたイランが大増産をかけ始めますので、原油も下がり続けるようです。


中国の外貨準備縮小、米国債利回り上昇させず-景気懸念が需要支える
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O0S2TK6S972B01.html

NY原油、安値更新 時間外取引で一時28ドル台
http://megalodon.jp/2016-0118-1508-29/www.nikkei.com/article/DGXLASGM18H1D_Y6A110C1MM0000/


つまり、もう粉飾が追っつかなくなりますので、実体経済に沿ったところまで、株価が落ち込み、米国経済の破綻が明るみに出る!

このまま、そんな流れになって行きそうですね。




追記:

この事態に対処するため、日銀は金融緩和を続け、GPIFは公的年金を株に投資しやすくする法案を通すそうです。


物価2%まで緩和続ける…支店長会議で日銀総裁
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201601/article_112.html

GPIF、株式への直接投資が可能に-今春にも法案提出へ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201601/article_113.html


つまり、金融緩和で国民の財産を目減りさせ、公的年金を株に注ぎ込んで消失させながら、米国を延命させようという事のようです。

そして、郵貯も献上する準備、万端のようです。


ゆうちょ銀行、運用責任者にゴールドマン、社長はシティーバンク
https://www.pt-jepun.com/economy/kiji627.html


もはや、呆れ果てて言葉もありません。。。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ