ユーロも金融緩和する流れでしょうか?

先日、日本円の異次元緩和から1年目を迎えたばかりですが、
今度は、円に続いてユーロが金融緩和する流れに向かいそうですね?


ユーロ高進めば追加の金融緩和が必要=ドラギECB総裁
2014年 04月 14日 07:22 JST
[ワシントン 12日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は12日の記者会見で、ユーロがさらに上昇した場合、追加の金融緩和が必要になるとの見解を示した。
ドラギ総裁は、過去1年のユーロの上昇が、ユーロ圏のインフレ率が現在の水準に低下した重要な要因だと語った。
ドラギ総裁は「為替相場は政策目標ではないと常に伝えてきたが、物価の安定と成長率にとって重要な側面だ」と指摘。「為替相場が上昇すれば、追加の金融緩和が必要になる。現在のような緩和的な政策スタンスを維持したければ、ユーロ高が進行した場合には、一段の金融刺激策が必要」と述べた。
http://megalodon.jp/2014-0414-0854-31/jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0N50EH20140413


ご存知の通り、米国は借金まみれになっていて、
その借金を金を借りて返すという状態に陥っています。

それでも、足りなくなって、今度はお金を印刷して返す!
簡単に言えば、米国の金融緩和はこんな感じでスタートしています。

でも、これだと、ドルの価値がさらに下がってしまうので、
日銀に金融緩和をさせて、ドルの緩和を止めた訳ですよね?

そして、今度はユーロもお付き合いって感じでしょうか?

いずれにしろ、ドル防衛と言うのか、米国の抱きつき心中と言うのか、
その辺がヤマ場を迎えているようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ