過去最大の経常赤字とアベノミクスと米国経済

日本の経常赤字が、半期で過去最大になってしまったそうです。

前回、GDPがマイナス成長に陥りそうだ!なんて話を投稿しましたが、
また暗い話の連投になってしまいました ¬(  ̄ー ̄)┌


経常赤字5075億円 1~6月 半期で過去最大
財務省が八日発表した二〇一四年上半期(一~六月)の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は五千七十五億円の赤字だった。比較可能な一九八五年以降、上半期としては初めての赤字。下期も含めた半期ベースでは一三年下期(七百八十八億円の赤字)を上回り、過去最大の赤字となった。円安が進み、輸出から輸入を差し引いた貿易収支の赤字が六兆一千百二十四億円に膨らんだことが影響した。
経常収支は八〇年代以降は自動車や電気製品の輸出が全体を底上げし、黒字傾向だった。しかし、一一年の東日本大震災以降は燃料輸入の増加などもあり、貿易収支の赤字が続いている。最近の円安傾向にもかかわらず、輸出が伸びていないことも貿易収支の赤字が拡大する一因となっている。
経常収支の内訳を見ると、貿易収支の赤字は過去最大となった。輸出は前年同期比8・1%増にとどまる半面、輸入は14・7%増となった。企業が生産拠点を海外に移し、輸出が伸びにくい経済構造に変化していることなどが影響した。海外への投資から得られる利子や配当金などの第一次所得収支の黒字は4・2%減の八兆三千二百二十六億円だった。
同時に発表した六月の経常収支は三千九百九十一億円の赤字だった。赤字は五カ月ぶり。
<国際収支> 日本と海外との経済取引の現状を示す統計。財務省が毎月発表している。取引の全体像を示す「経常収支」は、輸出から輸入を差し引いた「貿易収支」、輸送や海外旅行の「サービス収支」、利子や配当に関する「第1次所得収支」、寄付や贈与による「第2次所得収支」で構成される。経常収支は、日本に入ってくるお金が海外に出ていくお金より多い場合は黒字、少なければ赤字になる。
http://megalodon.jp/2014-0812-0845-13/www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014080802000249.html


さてさて、日本の宗主国である米国が主導し、政府&マスコミが鳴り物入りで進めたアベノミクス!
大方の予想通り、日本経済をしっかりデフレからスタグフレーションに持ち込む事に成功したようです。


「プラザ合意+消費税」のダブルコンボ、「311福島第一原発テロ」に続いての強烈なパンチで
今回も何とか、「アベノミクス+消費税値上げ」で日本経済にダメージを与える事が出来た米国。

日本円の基軸通貨化は、今回もギリギリで妨害する事が出来たようですが、
今度はBRICS銀行が出来てしまい、モグラ叩きのような様相を呈しています。

こちらには、欧州を巻き込んでのロシアへの経済制裁で、妨害工作を仕掛けているようですが、
ロシアから逆制裁を食らい、上手く行きそうにありません。


石油体制+ドル基軸通貨体制+戦争+他国への妨害工作でしか回らない米国経済には、
もう限界が来ているように思われます。

米国もかつてのように、モノ作りによる技術や産業に裏打ちされた
真の経済を育成するべきなのではないでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ