消費税再増税の延期とIMFの催促

すでにご存知かと思いますが、安倍政権が消費税10%引き上を延期しました。

当然の結果。。。っていうか、
そのまま1,000年ぐらい延期してれば良いのに(笑)


税率をアップすれば、個人消費が下がって経済規模が小さくなって、
税収が下がり、結果、財政が逼迫するのは常識ですよね?

そんな事は、私のような中小企業のおっさんでも知っている事です。

過去のデータからも、明白ですよね?

syouhizei

ところが!

政治屋さんや官僚さんや、マスコミに登場する専門家さん達が言うには、
消費増税は『税収を増やして財政再建するため』なんだそうです。

えー?
増税で税収がアップするような奇跡があるって事?

それとも、私のような木っ端が知ってるような事を、
政治屋さんや官僚さんマスコミさんのようなご立派な方々がご存知ないんでしょうか?

もしくは、分かっててやっているのかなー?
なーんて考えていると、こんな記事が。。。

IMF専務理事「予定どおり引き上げを」
G20サミットに出席していたIMF=国際通貨基金のラガルド専務理事は記者会見で、日本の消費税率を10%に引き上げるかどうかについて、「法律で定めたとおりに実施されることを期待する」と述べ、来年10月に予定どおり引き上げるべきだという認識を示しました。
G20サミット終了後の記者会見で、IMFのラガルド専務理事は消費税率の10%への引き上げについて、「IMFの立場は変わっていない。アベノミクスは、いわゆる3本の矢の政策がパッケージになっていて、消費税率の引き上げは第2の矢に当たる財政政策の重要な柱の一つだ」と述べました。
そのうえで、「法律で定めたとおりに約束が実施されることを強く希望する」と述べ、来年10月に予定どおり引き上げるべきだという認識を示しました。
IMFは日本に対して、消費税率を引き上げ中長期的な財政再建の道筋を明確にするよう、かねてから強く促していて、ラガルド専務理事は16日の発言で、IMFのこれまでの立場を改めて強調しました。
11月16日 22時12分
http://megalodon.jp/2014-1120-1149-12/www3.nhk.or.jp/news/html/20141116/k10013245981000.html



おやおや、IMFから日本に矢のような催促?

「すぐに増税しろ!」
「欧米が破産する前に、とっとと財政破綻しろ!」
「ドル&石油体制の崩壊に、日本も付き合え!」だそうです。


なるほどねー。
やっぱり分かってやってたんだ(笑)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ