今どきの企業や会社が社員に本当に求めるものって一体何だ?

こんにちは、ヨシ(@yoshi001)です!

先日、経営者の先輩と飲む機会がありました。

会社や経営について熱く語り合っているうちに「自分が社員に求めるものって何だ?」という話になったのですが・・・

ビックリするぐらい、答えが完全一致!

やっぱり業種は違えど、辿り着く場所というか考え方は結局一緒なんだな!ってつくづく実感しました。

っという事で、今日は「企業や会社が社員に本当に求めるものって一体何だ?」っというお話。

大切なのはスキル?それとも人間性?

社員の採用条件やら教育やらの話になると、出て来るのがスキルなの?人間性なの?なんて話でしょうか。

これはもう、圧倒的に人間性ですよね?

もちろん、人間性が良くてスキルがあれば一番良いのですが、どちらか一択となればやっぱり!

スキルなんて数年で身につけられますが、人間性とか性格ってなかなか身につけられるものじゃないですからね。

会社や企業が社員に求める5つの人間性とは?

ではでは、会社や企業としては具体的にどんな人間性を求めているのか?

ひとことで言ってしまえば、結果を出せる人間性!

でも、それじゃあ身もフタもないですよね?

そこで、さらに深掘りしながら語り合って行くと、次の5つに絞られました。
POINT!
  1. コミュニケーション能力
  2. 主体性
  3. チャレンジ精神
  4. 実行力・遂行能力
  5. 向上心

それぞれ見ていくと・・・

1,コミュニケーション能力
会社のチームワークを維持するためにコミュニケーションを取る能力。

2,主体性
マニュアルがない!指示されてない!などのいわゆる指示待ちではなく、自ら進んで考え、それを提案しようとする姿勢。

3,チャレンジ精神
従前のマニュアルや業態に従うだけではなく、改善したり新しい物にチャレンジしようとする姿勢。

4,実行力・遂行能力
多少の事があってもへこたれず、やり切る能力。

5,向上心
経験や知識を次々に吸収し、日々向上して行こうという姿勢。

こうやって見てくると・・・

会社や企業が求めているのは、周りとしっかりコミュニケーションを取りながら、自ら進んで考え、提案・改善を行い、新しい物にチャレンジして行く!

そして、壁にぶつかってもしっかりやり切り、知識や経験を吸収しながら成長していく社員。

つまり、今求められるのは、会社や企業に寄りかかるのではなく、しっかり自立した社員!ってこと。
ヨシ
ヨシ
むむっ?
確かに最近、主体性とか良く聞くなー。

自立した人間性をまとうための4つの性格の土台

ではさらに、自立した人間性をまとうためには何が必要なのか?

この辺を深掘りすると、どうやら次の4つの性格が土台になる!という事が浮き彫りになりました。
POINT!
  1. 素直さ
  2. 思いやり
  3. 前向きさ
  4. 勤勉さ

素直さと思いやりは、コミュニケーション能力の土台になり。

前向きさと勤勉さは、主体性・チャレンジ精神・実行力・向上心の土台になりそうですよね?

今後の課題

っとこんな感じで、どんどん深掘りして行った結果、会社や企業が求めるのは・・・

素直さ・思いやり・前向きさ・勤勉さなのではないか?

・・・という仮説にたどり着いてしまいました。

まるで、小学校1年生の通知表みたいですよね?(笑)

でも、こういう人間性や性格の部分って、シンプルだけど奥深くって、ちょっと面接や心理テストなどでは分かりにくいのでは?

一昔前まで、会社が求めるものとして良く取り沙汰されていたのは、スキルとか忠誠心とか、短い面接でも分かりやすいものでした。

その辺をどうするかが、今後の課題になって行くのかな?
ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
企業や会社は、自立した社員を求めているのでは?
自立した人間性をまとうためには、素直さ・思いやり・前向きさ・勤勉さが必要なのでは?

この記事もあわせて読みたい↓