衆議院の解散とアベノミクスの意味

昨日、衆議院が解散されました。

解散の理由は、なんでもアベノミクスを継続するか否か国民に問うんだとか。

でも!
アベノミクスを継続して欲しいなんて人、居るんですか?(笑)


アベノミクスで、安倍政権がやった事をまとめてみると。。。

・消費増税
・所得税増税
・住民税増税
・相続税増税
・固定資産税増税
・軽自動車税値上げ
・石油石炭税増税(ガソリン値上げ)
・タバコ税増税
・年金支給0.7%減額
・国民年金値上げ
・医療費値上げ
・高齢者の国民保険料値上げ
・介護保険料値上げ
・児童扶養手当減額
・配偶者控除廃止

・電力料金値上げ
・高速料金値上げ

・公務員ボーナス増額
・公務員給料増額
・残業代ゼロ合法化(公務員は除く)

・日銀の異次元緩和



その結果、この国に起こった事が。。。

・過去最大の経常赤字を記録
・GDP2期連続マイナス成長
・実質賃金15ヶ月連続減少
・ワーキングプア激増
・個人消費激減(景気低迷)

・中小企業の経常利益激減
・大企業の経常利益激増


こうやって見てくると!

アベノミクスによって、経済規模を縮小させながら、
庶民や中小企業から搾り取った富を、大企業に移してる様が良く見えますよね?


そして!
その大企業の株を大量に持っているのは。。。
もちろん、外資(=戦争屋&金融屋)と日本の富裕層。

そして、彼等の手足である政治屋さんと官僚さんも、
きっちり政策で保護されています。

さらに!
ここまで分かると、異常な円安誘導の意味もハッキリ分かってしまいますよね?

円安になると、ドルベースで日本の大企業の株が割安になり、
より外資が株を買いやすくなる訳です。

もちろん、主な目的は、ドル防衛のための円の弱体化ですが。


さてさて、ここまで見てくると、
アベノミクスは、外資=戦争屋&金融屋さんがプロデュースした、
収奪&日本経済弱体化の合わせ技という事が良く分かると思います。


こんな物を継続して欲しいなんて思う人、居るんでしょうか?(笑)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ