6月14日(日)に、戦争法案に反対する大規模なデモが行われたそうです。

ついに、安倍政権が、戦争を指向しているという事が、国民にバレてしまったようですね?


国会包囲で「戦争法案、絶対反対!」 安保法案反対集会に野党党首級も参加
産経新聞 6月14日(日)18時16分配信
集団的自衛権の行使容認を含む新たな安全保障関連法案に反対する抗議行動が14日、国会周辺で行われた。主催した「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」によると、約2万5千人が参加。国会を取り囲み、「戦争法案、絶対反対」「安倍政権の暴走止めよう」などとシュプレヒコールを上げた。
集会には、法案に反対する野党の党首級も参加した。民主党の長妻昭代表代行はマイクを握り「要件が整えば集団的自衛権を際限なく行使できるというのは、どう考えてもおかしい」と主張。「政府は『歯止めはある』といっているが、国会質疑で確認した限り歯止めはほとんどない」と訴えた。辻元清美政調会長代理も参加した。
共産党の志位和夫委員長は、衆院憲法審査会で自民党推薦を含め憲法の専門家3人全員が安全保障関連法案を「憲法違反」と断じたことに触れ、「潮目が変わりつつある。憲法を変えるために作った憲法審査会が戦争法案を進める一番の障壁になっている。痛快な話だ」と述べた。
社民党の吉田忠智党首は「リスクが高まることを認めない不誠実な安倍政権の対応に、強く抗議をしなければならない」と訴えた。
評論家の佐高信氏は、安倍晋三首相が4月の訪米時に英語で演説したことについて「なぜ植民地でもないのに英語で演説しなければいけないのか。あれほど米国にこびた卑屈な日本の首相は今までなかった」と非難。その上で「安倍は『日本の国民を守る』と御託を並べているが、本当に守る気がないということをあの演説が示している」と、首相を呼び捨てにしながら持論を展開した。
ジャーナリストの鳥越俊太郎氏は「国民が反対をしていることを無視して進むのは独裁以外の何者でもない。あのアドルフ・ヒトラーがやろうとしていることと同じだ。安倍政権ではなく『アベドルフ政権』だ」などと首相をののしった。
民主党のブレーンでもある山口二郎法政大教授は「憲法を守る市民の力が日本を戦争に巻き込まれないようにしてきた。これが歴史の事実だ」と訴えた。
http://megalodon.jp/2015-0615-1203-25/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150614-00000522-san-pol



ところで!
安倍晋三氏ったら、どうしてこんなに強引に戦争法案を通そうとしているんでしょうか?

なーんて調べて行くと。。。およよ?


アーミテージ報告なぞる日米 対中脅威論 欧州と距離 南シナ海 対応提言
2015年6月9日 朝刊
hg
【ミュンヘン(ドイツ南部)=高山晶一】先進七カ国(G7)首脳会議で八日に採択された首脳宣言では、中国を念頭に、東シナ海と南シナ海での力による「現状変更の試み」への反対が盛り込まれた。安倍晋三首相の訴えが反映された形だが、一連の会談では中国の脅威に対し、同盟強化を進める日米両国の強い姿勢が際立った。
日中関係は、安倍首相と習近平国家主席の会談実現などを受け、全般的に改善の途上にあるが、安全保障面では、日米両国と中国の利害対立はなお深刻だ。
サミット直前の五月末にシンガポールであったアジア安全保障会議では、カーター米国防長官が岩礁埋め立て問題で会議にも参加していた中国を名指しして批判。中谷元・防衛相との日米防衛相会談では「力を背景にした現状変更の試みに反対する」と足並みをそろえた。
こうした方向性は、米国側の意向に日本側が沿っているともいえる。米国のアーミテージ元国務副長官ら知日派グループが三年前に公表した「アーミテージ・リポート」(二〇一二年版)では、すでに南シナ海問題が取り上げられ、日米が「対策を講じるべきだ」と提言されていた。リポートは日本による集団的自衛権の行使容認も求め、安倍政権はその実現に向け、現在安全保障法案の成立を目指していることからも、その影響力が大きいことがうかがえる。
サミットはこうした日米の中国への懸念を共有する場と位置付けられ、首相は今回、アジア・太平洋地域から遠い欧州の指導者に「中国の脅威」を理解してもらうことを狙った。
共同宣言に盛り込まれた「現状変更を試みるいかなる一方的行動にも強く反対」するという文言は、外交政策を討議した七日の首脳会合で、首相が訴えた表現とほぼ同じだ。
ただ、日本政府は安倍首相の主張に「多くの国が賛同した」と説明するが、中国の脅威に具体的に言及した欧州の首脳はいない。対中外交では経済関係を重視する欧州側の意識が劇的に変わったとは言えない。
http://megalodon.jp/2015-0617-1220-23/www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015060902000110.html



なんと!
米国ジャパン・ハンドラーズの、リチャード・アーミテージ氏の命令だったそうです。

つまり!
天文学的な借金と財政破綻の危機から、米国を救うため、戦争というビッグビジネスに協力しようとしているって事。


でも、晋三せんせーって、日本のリーダーでしょ?
どうして日本の国民を犠牲にしてまで、米国のハゲたアシュケナジーの命令なんて聞くの?

なーんて、調べてみると。。。


岸信介 wikipediaより
CIAとの関係
正力松太郎などとともに米国中央情報局(CIA)から資金提供を受けていたとされる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E4%BF%A1%E4%BB%8B#CIA.E3.81.A8.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82



およよー?

岸信介氏と言えば、晋三せんせーのおじいさんですよね?
もう、その頃から、雇い主は米国って事だったんですねー ¬(  ̄ー ̄)┌

ちなみに、正力松太郎氏は、読売新聞社主!
大手メディアの雇い主も、米国って事 (; ̄◇ ̄


安保法案の可決と第二次大戦というビジネスモデル
https://www.pt-jepun.com/politics/kiji728.html

明治維新と総選挙と選挙システムについて
https://www.pt-jepun.com/politics/kiji421.html




※追伸

ところで、東京新聞さん!
アーミテージHG氏の名前なんか記事に出しちゃって、大丈夫ですか?

国税やら東京地検あたりの側面攻撃に、気をつけてくださいね!

おっと、いけねー。
こっちも、税務署や保健所あたりに、またまたイジられないように気をつけよっと♪