すでにご存知のとおり、安保法案が半ば強引に可決されました。

この辺は、JAL123便撃墜事件から始動した既定路線ですので、別に驚くほどの事ではないですよね?


日本や韓国、台湾って アメリカの資産なの?
http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20111130/1322619779
官僚とアメリカの関係、そしてCIAの暗躍
http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120125/1327453092


野党もとりあえず、反対の姿勢は見せていますが。。。

はじめから、米国金融屋勢力に逆らう人は国会議員になんかなれませんし、当選してから逆らえば、田中角栄氏のようになるでしょう。

要は、野党=与党のBチームですから、その目で国会中継を見ると「良くやるよ・笑」って感じでしょうか?


明治維新と総選挙と選挙システムについて
https://www.pt-jepun.com/politics/kiji421.html


いずれにしろ、これで既定のシナリオは下記の4まで進んでしまいました。


1.傀儡政権を立て、キックバックの支払いを約束する

2.プラザ合意+消費税+アベノミクスで経済破壊と社会不安の醸成と失業者=潜在兵力を確保

3.各政権とマスコミが協力して、A・B各国民の敵愾心を煽る

4.危機を演出して、戦争法制を通す


5.大きな事件を演出して戦争に持ち込む

6.A・B各国が消耗戦に突入、武器と資金を融資する

7.借金まみれになったAB国民から全てを奪う


安保法案の可決と第二次大戦というビジネスモデル
https://www.pt-jepun.com/politics/kiji728.html


あとは、戦争の引き金となるような、自作自演事件を起こされる前に。。。

米国が破綻して米軍の機能が停止するか。

日本人が本当の社会の構造に気付き、米国金融勢力とその日本の傀儡が白日のもとに晒されるか?



イエレンFRB議長



でも!
どうやら、米国の経済破綻の方が、先みたいですね。

FRBが利上げすれば、当然素直に株価の暴落が予想されますので、利上げを見送った訳ですよね?

でも、利上を見送っても「え?米国って、利上げ出来ないほど体力ないの?」という事で、やっぱり株価が急落してしまいました。


米国株が下落、米利上げ見送りで世界経済に懸念高まる
http://jp.reuters.com/article/2015/09/18/us-stx-idJPKCN0RI2IY20150918


その状態のまま、今度は毎度お馴染みの、政府機関停止祭りに突入!

FRBのイエレン議長も、もうどうして良いか分からない状態のようです。


イエレン議長:米議会への警告にじます-政府機関閉鎖の可能性で
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NUUSAW6S972I01.html



そんな状況の中、欧州諸国は米国から金を回収しはじめています。

欧州諸国、米国から金準備を回収
http://jp.sputniknews.com/business/20150914/893430.html


そして、中国やインドは、せっせと金を買い集めているようです。

中国とインド、ロンドン取引所から金を買い占め
http://jp.sputniknews.com/business/20150914/895438.html


どうやら、これって米国破綻への準備!

つまり、石油&ドル体制から、ブレトンウッズ体制のような金本位制への準備ですよね?


っという事で、何とか戦争法制のゴリ押しまで漕ぎつけた米国金融屋勢力ですが。。。

どうやら、米国の経済破綻&米軍機能停止の方が先のようです!