明治維新と総選挙と選挙システムについて

すでにご存知かと思いますが、衆議院が解散され、総選挙が行われる事になりました。

安倍首相曰く、「アベノミクスを継続するか否か国民に問う」との事ですが、こんな物の継続を望む人なんて、まあ居ないでしょう(笑)

この辺の事は、すでに以前に投稿しました。

衆議院の解散とアベノミクスの意味 >>


それじゃあ、この選挙、いったい何のため???


ご存知の方も多いと思いますが、日本という国は、明治維新以降、戦争屋さん&金融屋さんの植民地になっていますよね?

フランスのロスチャイルド家が幕府側につき、イギリスのロスチャイルド家が倒幕側について、内戦を起こさせる。

そして、不毛な同胞同士の争いを煽り、不毛な消耗戦を続けさせ、勝者にも敗者にも巨額の負債を負わせ、日本をごっそり手に入れた訳です。

で、この時、倒幕側についた、徳川に恨みを持つ武士、士農工商以下と蔑まれて来た人々、半島や大陸出身の人々の系譜が、今も戦争屋&金融屋の番頭として、この国の支配層を構成しています。

ですから、財閥や大企業、政治屋さん、官僚さんのライン、マスコミさん、テレビでご活躍の学者さんなども、ほとんどみんなこの系譜!

つまり、この国の支配層はみんな戦争屋&金融屋の番頭ってこと!


トーマス・グラバー
マセソン商会 トーマス・グラバー像


ただ、この番頭の中にも、安倍首相みたいに犬のように彼等に忠実な人も居れば、あんまりヒドイ事はしたがらない人も居る訳です。

戦争屋さんと金融屋さんとしては、今後、年金基金と郵貯マネーを詐取したり、再増税や異次元緩和などで、日本経済を破綻に導き、日米欧同時破綻で世界恐慌へ!

で、世界恐慌詐欺のあとは、いつもの通り世界大戦詐欺へ繋げ、ドサクサに紛れて自らの借金を無くして、世界中に負債を負わせ、また全てを手に入れたいと考えているようですが。。。


これを、実現するには、選挙で、犬のように忠実な政治屋さんだけを当選させるしかないですよね?


でも、投票するのは、国民なんだから、いくらマスコミ使って誘導しても、この情勢だとちょっと難しい気もしますよね?

その辺は、彼等もしっかり手を打ってるようです!


日本の国政選挙では、開票は一括して株式会社ムサシが独占管理しています。

で、このムサシという会社、後ろを調べていくと、筆頭株主が㈱上毛実業(㈱価値開発)という会社。

さらに、㈱価値開発の筆頭株主が㈲アルガーブという感じで辿って行くと、ロックフェラーやらゴールドマン・サックスの名前が。。。


つまり、日本の選挙の開票を担当しているムサシという会社は、戦争屋&金融屋系列の企業って事!

要は、選挙って、国民が選んでるように見せかけて。。。

マスコミ誘導や開票自体を独占することで、戦争屋さんや金融屋さんに忠実な人を、当選させるシステムって事なんですね(笑)


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ