【2020年版】ズバリおすすめの情報発信ツール4選!

今回のテーマは、おすすめの情報発信ツールについて!

Webマーケティング歴20年以上の、ボクの経験をもとに…

「今一番使える情報発信ツールは、結局どれ?」

「ツールの種類や、それぞれの特徴は?」

「実際、どう使えば良いの?」

なんてお話をしたいと思います!
丸矢印アイコンこの記事の信頼性
記事の信頼性の表記
Twitter(@yoshi001)
丸矢印アイコンこの記事の結論
2020年現在、一番使える情報発信ツールは、Youtube、Twitter、ブログ、メルマガの4つかも?
 
最後まで読み終わると、「どうしてこの4つなの?」なんて事がハッキリ理解出来ます。

4分ほどで、サクッと読めるかと思います。

どうぞ、最後までお付き合いください!

そもそも情報発信ツールに求められる役割は?

そもそも情報発信ツールに求められる役割は?

さてさてまずは、情報発信ツールに求められる役割って何?なんてお話から!

コレってよくよく考えてみると、次の3つに集約されると思うんです。
情報発信ツールに求められる3つの役割 
  1. 見つけてもらう
  2. 繋がりを深める
  3. 接点を保つ
まずは、SNSや検索エンジンで露出して、見つけてもらう!

そして、じっくりとコンテンツを読んでもらって、愛着を感じてもらって繋がりを深める!

さらに、一度見てもらった人に、何度も来てもらうために接点を保つ!

この辺って、個人でも企業でも同じですよね?

効果的な情報発信ツールの条件は?

効果的な情報発信ツールの条件は?

ではでは、そんな役割を果たせそうな情報発信ツールの条件は?

こんな感じに、なるのではないでしょうか?
効果的な情報発信ツールの3つの条件 
  1. 拡散性が高い
  2. 滞在時間が長い
  3. プッシュ通知が強い
情報発信ツールに求められる役割は、見つけてもらう、繋がりを深める、接点を保つでしたよね?

簡単に見つけてもらうためには、拡散性の高いツールが必要になります。

そして、繋がりを深めるためには、長時間滞在してもらいやすい!というのが条件!

さらに、接点を保ち続けてもらうために、通知が届きやすいツールが必須になるという訳なんです!

またSNSなどでは、ユーザー数が多いことも条件の1つになりますよね?

参考までに、主要なSNSのユーザー数はこんな感じ!
主要SNSの日本のユーザー数一覧
SNS名 使用者数 発表時期
LINE 8,300万 2020/01
YouTube 6,200万 2018/12
Twitter 4,500万 2018/10
Instagram 3,300万 2019/06
Facebook 2,600万 2019/07
TikTok 950万 2018/12
Pinterest 530万 2019/08

おすすめの情報発信ツールはこの4つ!

おすすめの情報発信ツールはこの4つ!

さてさて、こんな感じで役割や条件から、おすすめの情報発信ツールを選ぶと次の4つになる訳です!
4つのおすすめ情報発信ツール 
  1. Youtube
  2. Twitter
  3. Webサイトまたはブログ
  4. メルマガ
それぞれ見ていきましょう!

Youtube

Youtubeは、Googleが運営する動画共有メインのSNS!

ユーザー数が多く、検索結果にも引っかかりやすいので、かなり拡散性が高いツールです。

そして、動画のため滞在時間が長く、情報量が多いので、繋がりを深めるパワーが強烈!

また、チャンネル登録やライブ配信などのプッシュ通知で、接点を保つチカラもそこそこ。

めちゃくちゃバランス力に優れた、2020年現在一番アツい情報発信ツールではないでしょうか?

欠点としては、敷居が高いこと!

顔を晒したり、動画の撮影や編集などのスキルが必要になります。

Twitter

Twitterは、抜群の拡散性を誇るSNS!

ユーザー数が多く、テキストがメインですが画像や短い動画も共有できます。

文字数に140文字という上限があるのが難点ですが、その分Webやブログなどへの誘導力に優れています。

さらに、プッシュ通知が強いのも魅力!

拡散→誘導→接点を保つという流れで使うと、かなり強力な情報発信ツールになります。

Webサイトまたはブログ

Webサイトまたはブログ

Webサイトやブログは、情報発信のメインになるツール!

商品やサービスを紹介したり、ゴールやキャッシュポイントを設置するためには必須!という感じですよね?

検索エンジンに引っ掛かりやすいため拡散性が高く、Youtube同様滞在時間が長いツールです。

見つけてもらって、行動を起こしてもらう!という感じでは最強です!

ただし、プッシュ通知が弱く、接点を保ってリピートしてもらいにくいのが欠点になります。

このため、SNSやメルマガなど、プッシュ通知が強いツールと組み合わせて使うのが一般的です。

メルマガ

メルマガは、プッシュ通知力最強の情報発信ツール!

拡散性や滞在時間は、ほぼゼロに近いので単体ではあまり使われません。

ただし、そのプッシュ力で、Webサイトやブログに誘導するように使うと、強力な組み合わせになります。

最近は、迷惑メールフィルターのせいで到達率が下がって、反応がどんどん下がってはいます。

でも今でもやっぱり、最強のプッシュ力を持ったツールではないでしょうか?

4つのツールをどう使う?

4つのツールをどう使う?

ではでは、最後にこの4つのツールをどう使うの?なんてお話でまとめてみたいと思います!

ザックリ言うと、こんなイメージです!
YoutubeやTwitterで情報拡散
Webサイトやブログに誘導
Webでメルマガ登録
メルマガとTwitterで更新を通知
YoutubeやTwitterで見つけてもらって、Webサイトやブログを見てもらう!

そのままWebで、メルマガに登録してもらって接点を保つ。

そして、折にふれてメルマガとTwitterで情報発信して、またWebに来てもらう!

そんな使い方が、この4つの情報発信ツールを有効に使うコツになるかと思います。
ヨシ
- 今回のまとめ -
効果的な情報発信ツールは、Youtube、Twitter、ブログ、メルマガの4つ!
それぞれの特徴を理解して、組み合わせて使うと相乗効果が期待できるかも?
 
↓この記事もあわせて読みたい

この記事を書いた人

ヨシ

バリ島と日本で会社経営。脱サラ後30万円とPC1台を抱えバリ島へ→貧乏マーケター→美容&雑貨の貿易会社PT.Jepun設立→日本で化粧品販売会社『ピュアノーブル』設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』立ち上げ◀️今ココ◇趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫

data-restrict-data-processing="1">