先日、通帳を記帳したら面白い事になりました!


バリ島から日本に帰国したばかりの日の事。

財布の中を見たら、かなりヤバイ状態だったので、
お金をおろそう!って事になりました。

で、考えたら、このところ記帳もしてないからって事で、
通帳持って、ついでに記帳もして来たんですよ。


『お金もおろしたし、記帳もしたし、コレで一安心!』

な~んて、家に帰って来てふと通帳を見たら。。。



『ん? 案外 行数少ない???』


『・・・・・・・・。 (・o・?』


『って言うか 一括って何???』



何じゃコレ?って事で、さっそく銀行に電話してみると。。。


通帳を記帳しないまま、ある一定期間または一定の記帳の件数を超えると、
一括記帳という事で、内容の詳細を省いて記帳されてしまうとの事。

要は、「そんなに長い間記帳しないなら、詳細必要ないでしょ?」
って事らしいです(笑)


おいおい、勝手に決めんなっ!って、
一瞬、イラッと来たのですが、自分がだらしないから悪いと思い直して、
対処法を聞いてみると。。。


窓口に通帳と、免許書などの身分証明書(銀行によっては必要ないかも?)を持って、
この期間の詳細をください!と言えばプリントアウトしてくれるそうです。


念のため、いつまで遡れるか聞いたところ、10年以内は保管義務があるので、
10年以内の物なら、確実にプリントアウトできるそうです。
(これは、どこの銀行でも同じようです。)



さてさて、実際に窓口に行ってみると。。。


詳細の取り寄せ依頼書のような用紙を書かせられます。

そして、待つ事数分で、コピー用紙に印刷された詳細を渡してもらえます!


今回は求められませんでしたが、この依頼書には届印の捺印欄がありましたので、
銀行によっては、届印が必要になるかもしれません。



とりあえず、なんて事ないものでしたが、
はじめての経験でしたので、シェアさせて頂きました。


特にバリ島に長期滞在される方は、
こういう現象に遭遇する事も多いのかな?と。



さてさて、この辺でもう一度まとめると。。。


通帳が一括記帳になってしまったら、
通帳と身分証明書と届印を持って窓口に行く!って事でした(笑)