日本の現状と素晴らしい未来

前回『日本のちょっと怖い不思議な話』という記事を投稿しました。

この記事に、ビックリするぐらいの反響を頂きました!

アクセス数もそれなりに多かったのですが、内容がまた『ウィルスに感染しているので、ページを削除しろ!と警察が言いがかりをつけてきた』という事もあるのでしょうか?

知人もみんな読んでくれたようで、会う人会う人に声をかけて頂けました。



知人のほとんどは、政治的に覚醒していて日本という国の仕組みを知ってますので

「またですか?」とか

「奴ら、本当にしつこいですね。」とか

「あれ?戦争屋のヒラリーさん負けたのに、まだチョッカイ出して来るの?」

なーんて言ってくれるのですが・・・


中には

「何か悪い事してるんじゃない?」とか

「ウィルス、もっと良く調べた方が良いんじゃないの?」なんて意見もチラホラ ( ̄口 ̄||)>


っという事で、今日はもっと突っ込んで書かせて頂こうと思います!


霞が関


まずは、日本という国について!

ご存知の方も多いと思いますが、この国が「日本人のための日本」だったのは江戸時代まで。

明治維新からは、残念ながら外国勢力に占拠されてしまっています。


明治維新と総選挙と選挙システムについて >>


明治維新で金融屋さんの植民地になり

第二次世界大戦で、戦争屋に支配権が移り

1985年のJAL123便撃墜事件あたりからは、戦争屋さんの中でも一番タチの悪い連中が仕切り始めました。



コイツらが、日本人の年金や郵便貯金を盗み取ろうとしたり、戦争ビジネスでボロ儲けしようとしたり、まあロクな事しない訳です。

もちろん、マスコミは戦争屋の誘導機関ですから、そんな事一切書きませんよね?

仕方ないので、気付いた人達がブログやSNSで発信します!



GPIFを改革する本当の理由って? >>

ゆうちょ銀行、運用責任者にゴールドマン、社長はシティーバンク >>

安倍政権が戦争法案をゴリ押しする理由って? >>


すると、戦争屋さん達は、そういうブログやSNSを探し、手下の官僚連中を使って投稿者に嫌がらせを始めます。

「本当の事は、言うな!」「静かにしてろ!」って感じでしょうか?

それで、私に向けられた手下の官僚が、たまたま「保健所」「税務署」「警察」だったというだけの話なんですね。



ですから、理由は何でも良いんです!

「薬事法違反なんじゃないの?」とか

「脱税なんじゃないの?」とか

とにかく言いがかりをつけて、私に精神的にダメージを与えたり、店の名前を変えさせたり、ホームページの一部を削除させれば、当然会社の売上が下がりますよね?

すると、私はそれをリカバリーするために、仕事だけで手一杯になってしまって、ブログの情報発信が出来なくなります。

それが、戦争屋さんの狙い!って事。



今回の言いがかりは、たまたま「ウィルスに感染してるから、ホームページを削除しろ!」でしたが

それが

「満員電車で隣の人の足を踏んだから、ホームページを削除しろ!」でも

「車の中で隠れて鼻クソほじったから、ホームページを削除しろ!」でも

とにかく何でも良かった訳です(笑)


っという事で!

私は悪い事をしてる訳でもありませんし

私のお店のページが、ウィルスに感染していた訳でもありません (*^^)v



いずれにしろ、彼らの本拠地アメリカでは、反戦争屋のトランプ氏が大統領になり、実権を握っています。

すでに、彼らも風前のともし火です!


情報発信をされる方は、自信を持ってガンガン発信して掃討戦を!

そして、みんなで協力して『日本人のための素晴らしい日本』のために、少しでも貢献出来たら嬉しいと思います。



コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ