バリ島の少しだけ怖い不思議な話

バリ島で会社なんかやってると、4コマ漫画のオチのような不思議な出来事がたくさん起こります。

例えば、昔こんな事がありました。

午後4時頃にネットの回線が落ちました。

そのまま30分ほど待っても繋がらず、仕事にならないので、プロバイダに電話すると・・・

「今、急いで復旧作業をしています」との事。
 
 
さらに30分ほど待ってもやっぱり繋がらないので、もう一度電話!

「どれくらいで復旧しますか?」と尋ねたら・・・
 
 
 
5時過ぎたので、技術担当者は帰宅しました。」

「復旧は、明日以降になります」
 
 
 
おーーいっ!
 
 


他にも、こんな出来事!

ある日突然、電気や電話、光回線が落ちます。

「何だ?何だ?」っと思っていると、外にお葬式の行列と山車が。
 
 
「どうした?一体何が起こったんだ?」っと、よく見ると・・・
 
 
葬式の山車の背が高いので、邪魔な電線や電話線、光回線を片っ端からチョッキン!チョッキン!切っているではないですか。
 
 
gabeng
 
 
 
おーーーいっ!
 
 
 
そして、つい先日!

新しいドライバー・スタッフが来たので、試しに車を運転させました。

「車庫入れの時とか、擦ったりしない?」っと聞くと

「大丈夫です!」っと、自信満々の返事。
 
 
それでも、まあ

どっかしら擦ったり、ヘコませたりするんだろうなーって思っていたら・・・
 
 
 
なんと・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
accident
 
 
 
 
 
おーーーーいっ!
 
 

((((;゚Д゚)))ガクブル
 
 
 
ナゼダ?

ナゼコウナルンダ?
 
 
 
 
コワッ!

この記事もあわせて読みたい↓

この記事を書いた人

ヨシ

海外起業家。バリ島のWeb通販、美容・雑貨系貿易関連会社社長。
脱サラ後、30万円と中古のノートPC1台を抱え渡バリし現在に至る。得意分野は、通販サイト構築・運営全般と海外での会社経営。趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫