バリ島のサルが見せた神業とは?

バリ島には、色んな観光スポットに野生の猿が住んでいます。

弊社の事務所があるウブド村も、一番の観光スポットは、やっぱりモンキーフォレストじゃないでしょうか?

この猿達、人間にはけっこう慣れていて、引っ掻いたり噛み付いたりとかはありません!

でも、中には、メガネやスマホなど、キラキラ光る物を持って行ってしまうイタズラ者が居ます。

私も一度、メガネをひったくられて「やべー、見えない!」「予備がない!」と焦っていたら。。。ささっと、地元の人が来て、その猿にバナナを見せびらかし始めました。

そして、猿がバナナを欲しがると、サッとバナナを隠すではありませんか。

猿がシビレを切らせ「そのバナナを寄こせ!」と、いきり立ったところで
「そのメガネと交換だ!」とジェスチャー!

っとこんな感じで、一瞬で、見事に猿からメガネを取り返してくれました!
まさに、神業ですよね?


ところが!
今度は、人間様ではなく、猿の方が神業を見せたというニュース!

なんと!
猿が観光客のカメラをひったくって、自撮りした後、カメラを返して来たそうです。。。


マヂですか? (; ̄◇ ̄


インドネシア バリ島でサルが観光客のカメラを奪って自撮り
2015年6月16日 17時33分 新華ニュース
monkey
15日付報道によると、インドネシア・バリ島のウブドで23歳の女性観光客がサルにえさをやっていたところ、このサルにカメラを奪われてしまった。サルはカメラを奪った後にレンズをなめたり、シャッターを押して自撮りをしたという。
サルはまた、女性観光客の頭の上に飛び乗った。女性観光客は落ち着いており、友達とこのタイミングを逃さず、ふわふわの毛をしたサルと一緒に写真を撮影した。
(翻訳 王秋)
http://megalodon.jp/2015-0625-1732-36/news.livedoor.com/article/detail/10238062/

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ