バリ島クタビーチのゴミ問題!なぜ?どこから?原因は?

こんにちは、ヨシ(@yoshi001)です!

先日、バリ島関連のニュースを見ていて、ギョッとした事があります。

それは!
クタビーチのゴミ問題!

avatar

ヨシ

おいおい、マジか?
コレは、本当にヒドイぞ・・・。


確かにクタビーチに、ゴミが流れ着いている!なんて話は聞いていました。

でも、ここまでヒドイとは・・・。

画像を見ると、なぜこんなヒドくなったの?どこから?原因は?上手く処理できないの?

なーんて、色んな事が一気に頭に浮かんで来てしまいました。

そこで!
この記事では、クタビーチのゴミ問題について、簡単にまとめました。

2分ぐらいで読めますので、どうぞ最後までお付き合いください!

まずは、気になる現在の惨状から・・・

ヤバイ!クタビーチがゴミだらけ

バリ島クタビーチの海ゴミ
出典:ゴミの楽園? バリ島のビーチに集積したゴミで非常事態宣言【動画】|スプートニク

まずは見てください、この画像!

もう見渡すかぎり、ゴミ・ゴミ・ゴミ!

『クタって、昔より汚くなったんだろうな?』という甘~い予測を、一瞬で遥かに超えてきます。

そして!
クタビーチと言えば、サーフィン・・・


でも、こんな感じでゴミのチューブをくぐる感じに。

あと、数年でサーフィンが出来なくなってしまうのでは?

なーんて声も、聞こえているそうです。

そしてさらに、イギリスのダイバーが撮影した動画では・・・


水面には、大量のプラスチックゴミの層が!

いやいやいや、まさかココまでとは。

一体、なぜこんな事になってしまったのでしょうか?

なぜこんなヒドイ事に、原因は?

インドネシア・バリ島のクタビーチで、重機でゴミを集める作業員
出典:「楽園」バリ島のプラスチックごみ問題、水中映像で浮き彫りに|AFP

クタビーチのゴミの内容を見てみると、じつはそのほとんどがビニールやプラスチックゴミなんです。

それを見た瞬間、何となく根本的な原因が見えて来ました。

東南アジア諸国の生活形態や文化の退化が、一番の原因のようです。

そもそも、東南アジアの国々では、食器もボトルもココナッツ、包み紙はバナナの葉っぱ。

おやつに食べるのは、フルーツやナッツ!といった生活が!伝統的なスタイル!

つまり、身の回りの物全てが自然に還るという、極度に進化した生活形態を維持していた訳です。

このため、食器や食べかすを川に流したり、ポイ捨てするのがそのままリサイクルになっていました。

ところが!
ここ数十年の間に、ビニールやプラスチックという『一切土に還らない物を使い捨てる』という『退化した生活形態』に汚染されてしまいました。


その結果、『地上の楽園』と謳われたバリ島がこんなザマ!


とりあえず、何とかしたいものです・・・。

それにしても、とにかくゴミの量がハンパない!

一体、この海ゴミどこから来ているでしょうか?

この大量の海ゴミどこから来るの?

ビーチに流れ着いた大量のプラスチックゴミ

主なルートは、2つあるようです!

バリ島の河川を通じて海へ

1つ目のルートは、バリ島の川にポイ捨てされたゴミが、そのまま下流まで流れてクタビーチに着いたもの。

モンスーンに乗ってインド洋から

2つ目のルートは、インド洋全体から!

モンスーンの時期は特に、インド洋周辺の諸国から出た海洋ゴミが、バリ海峡を抜けクタビーチに集まってしまうようです。

何とか処理できないの?

海岸に流れ着いたペットボトル

バリ島の当局は、「ゴミ緊急事態」を宣言して、清掃員700人とトラック35台を投入!

なんと毎日約100トンもの海ゴミを、とりあえず埋立地に運び込んでいるようです。

ただし、ゴミ処理のインフラがしっかり整備されていないので、すぐに限界が来そうです。

その他にも、ペットボトル自動回収機を設置したり、コンビニのレジ袋を一部有料化したり、環境問題の教育に力を入れたりしているようです。

また、市民が協力して、ビーチクリーン活動などの草の根的な運動も続けられています。

ただ!
根本的な解決は、生分解性プラスチックやバイオプラスチックのような、土に還る物以外使わない事なのかも?


分別してリサイクルという手もありますが、こちらは巨額のインフラ投資と環境教育の徹底という、ちょっと難しい問題が残ってしまいます。

いずれにしろ、退化してしまった生活形態を、どう軌道修正して行くのかが今後のカギになりそうです。

ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
便利でも、永続できないものは、幻想だし退化!
何とか、バリ島に『地上の楽園』に戻って欲しい!