言っていいことと悪いことがある!区別がわからないリーダーはヤバい

戦闘モードっていうんでしょうか?

ピリピリしながら仕事している時って、ついつい言葉が強くなるんですよね。

めちゃくちゃ忙しくてパニクってる時なんか、言わなくていいような余計な事まで言ってしまったり…

でも世の中には、言っていいことと悪いことってありますよね?

「何をいまさら?」なーんて声も聞こえて来そうですが(笑)

部下を持つリーダーは権限が強いだけに、この辺の区別をハッキリつけておかないとマズい事になります。

そこで今回は…

言っていいことと悪いことがある!区別がわからないリーダーはヤバい!なーんてお話。

経営者であるボクの体験談をもとに、簡単にまとめました!

avatar

ヨシ

4分ほどでサクッと読めると思います。
どうぞ最後までおつき合いください!

言っていいことと悪いことの区別って難しい?

言っていいことと悪いことの区別って難しい?

「言っていいことと悪いこと!」

コレって簡単なようで、なかなか区別が難しいですよね?

人間は十人十色で、本当に色々な人がいます!

それだけに、嫌だと感じる事もそれぞれですし、良い悪いの基準もまちまちです。

気をつけて言葉を選んでいても、思わぬ誤解を生んでしまったり、人を傷つけてしまったり…

ただ、もし仮にそういう結果になる事があっても、大切なのは結果じゃなく意図ですよね?

良かれと思った発言や単なる思慮不足の場合は、すぐに誤解はとけると思います。

ただし、気をつけなければいけないのは、イラッとした時や何かがしゃくに障った時!

感情をぶつけてしまったり、言葉に明らかな悪意が乗ってしまうと、収拾がつかなくなることがあります。
POINT! 
  • 感情をぶつけるような発言
  • 悪意の乗った発言
部下をもつリーダーなら、思慮不足は仕方ないとしても、少なくとも部下に感情をぶつけたり、悪意を持った発言には気をつけたいところですよね?

ではでは、かりにリーダーにそういう配慮が欠けていると、どういう事になるのでしょうか?

わからない人がリーダーになると?

わからない人がリーダーになると?

小学生の頃、こんなことがありました。

ある日の放課後、担任の先生に呼び出され、生活態度やら何やらでガッツリ叱られていた時のこと…

『君みたいな子は、初めてです。』

『恥ずかしくないの?』

『君は、人間じゃないよ!』

『悪魔だよ!ア・ク・マ!』

…なーんて詰められてしまいました(汗)

いやー、コレにはめちゃくちゃへこみましたねー(笑)

子供ながらに「マジか?俺って、恥ずかしい人間なんだ?」

「でも、悪魔って言っちゃう先生だって、ヒドいじゃん!」なーんて思ったの覚えてます。

もちろん、当時家庭の事情で転校を繰り返し、荒みきっていたボクが一番悪いのですが…
(^_^;)

経営者や管理職が気をつけるべき3つのポイント!

経営者や管理職が気をつけるべきポイント!

ではでは、こんな風に余計な一言を、ポロッと口走らないためにはどうしたら良いでしょうか?

とくに経営者や管理職などのリーダーが、ハマりやすいポイントについてお話します!

空気を読まないモードの時

経営者や管理職には、「ガッツリ空気を読む!」「空気なんてガン無視!」の2つのモードがあります。

グループを1つの方向に誘導する際には、全体の空気感を読みながら、慎重に慎重に事を運びます。

ところが、新規事業や起業の際には、反対者が多い事業ほど上手く行く確率が高いんですよね。

そういう時って、それこそ世界中に反対されても、一人で平然と事を運ばなければなりません。

そんな「空気なんてガン無視モード」の時が、要注意!

空気読まないうえに余裕がないので、余計な事を言ってしまうことがあります。

短気モードの時

経営者とか管理職って、メチャクチャせっかちで短気な人多いですよね?

思ったことをすぐに試さないと気がすまないとか、結果をすぐに知りたがるとか。

今の時代、変化がとても早いので、確かにせっかちじゃないと対応が難しい部分はあると思います。

でも、短気の部分が出た時に、余計な事を言ってしまうことがあります。

面倒くさいモードの時

面倒くさいと思った時

経営者とか管理職の人って、面倒くさがりも多いんですよね。

これは、短気っていうのとも、繋がっていると思うんですが。

指示を出したり、レクチャーしたりしている時に、あんまり細かい事を聞かれたりすると…

『あ゛ー』

…なーんて(笑)

こんな時にも、余計な事を言ってしまうことがありますので、注意したいですね。

まとめ

さてさて少し長くなりましたので、この辺でまとめます!
 
言っていいことと悪いことの区別って難しい?
大切なのは結果じゃなく意図!
感情や悪意をぶつけなければ大丈夫
リーダーなら思いやりだけは忘れないように!
経営者や管理職が気をつけるべきポイント!
「空気なんてガン無視モード」の時が、要注意!
短気の部分が出た時に、要注意!
面倒くさいと思った時に、要注意!
ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
言っていいことと悪いこと、なかなか区別が難しいけど…
大切なのは結果じゃなく、意図と思いやりかも?
経営者や管理職はピリピリしないように、常に余裕を持ちたいところですね。
 
↓この記事もあわせて読みたい

この記事を書いた人

ヨシ

海外起業家。バリ島のWeb通販、美容・雑貨系貿易関連会社社長。
脱サラ後、30万円と中古のノートPC1台を抱え渡バリし現在に至る。得意分野は、通販サイト構築・運営全般と海外での会社経営。趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫