リーダーシップを学ぶなら、まずはPM理論とSL理論がオススメ!

リーダーシップって、仕事に関わっている人なら、多分誰もが一度は聞いたことある言葉ですよね?

でも、いざ仕事でリーダーシップを発揮しよう!とか思うと、どうして良いか分からない(汗)

それなら勉強しよう!と思うと、今度は色んな人が色んな事言ってて、どこから手をつけて良いか分からない(汗)

結果、目ぼしい本を片っ端から読むのですが、コレがけっこう時間の浪費!

あとから考えたら「ココだけおさえておけば十分じゃん!」みたいに。

そこで、この記事では!
みなさんに、そんなムダを省いていただけるよう。

リーダーシップを学ぶ時、とりあえずの足がかりになるPM理論とSL理論についてまとめました。

avatar

ヨシ

4分ほどで簡単に読めると思います!
どうぞ、最後までお付き合いください。


そもそもリーダーシップって何だ?

希望の方向を指し示すリーダーの指

まずは、リーダーシップって何だ?というお話!

リーダーシップとは、簡単に言うと、ある集団の心を一つの方向にまとめること。

はじめに、何かしらのビジョンや方向性を示して、周りを巻き込む!

そして、周りの人々の意識を徐々に変えて、一つの方向に向かうように働きかけること。

リーダーシップは才能や資質じゃなく行動!

「ビジョンを示す?」「周りを巻き込む?」

「いやいや、自分にはそんな大それた才能も資質もないよ!」

たいていの人が、そんな風に感じてしまうのではないでしょうか?

もちろん、ボクもその一人です(笑)

でも、安心してください!

リーダーシップは、才能や資質じゃなく行動で決まる!

っというのが、PM理論とSL理論の良いところなんです。

avatar

ヨシ

まずは!
PM理論から行ってみようー。

PM理論とは?

講義を聞く男性の後ろ姿

PM理論とは、心理学博士の三隅二不二(みすみしゅうじ)さんが唱えたリーダーシップ理論。

PMだの理論だの言われると、難しそうに感じますが、内容はいたってシンプル。

リーダーシップは、才能や資質じゃなく、「目標の達成」と「チームワークを作って集団を維持する」という2つの行動で決まる!
POINT!
  • P=目標達成行動(Performance function)
  • M=集団維持行動(Maintenance function)
2つの行動のそれぞれの頭文字をとって、PMとなる訳ですね。

PM理論では、これら2つの行動の強弱で、リーダーシップの良し悪しが決まるとされています。

PM型

目標達成行動P、集団維持行動Mともに強いリーダーのタイプ。

キッチリ結果を出しながらも、部下の気持ちをしっかりケアして、チームワークを作り上げられる最も理想的なリーダー。

世間でデキる!っと言われるリーダーは、このタイプですね。

pM型

目標達成行動Pが弱く、集団維持行動Mが強いリーダーのタイプ。

チームワーク作りは上手いが、結果が出ないリーダー。

俗に言う「良い人なんだけどね・・・。」というタイプですね。

面倒見が良く、部下からも慕われる傾向にあるので、あと一歩!といったところでしょうか。

Pm型

目標達成行動Pは強いが、集団維持行動Mは弱いリーダーのタイプ。

結果は出す事が出来るが、部下のケアやチームワーク作りが下手なリーダー。

俗に言う、「デキるけど人望ないよね?」というタイプですね。

数字は出ますが、チームに不平不満が多かったり、退職者が出たりします。

pm型

目標達成行動Pが弱く、集団維持行動Mも弱いリーダーのタイプ。

結果も出せず、チームワーク作りも出来ないリーダー。

リーダーとしては、「ダメダメじゃん!」と言われてしまうタイプです。


正直、ボクもここからスタートして、PM型目指して這い上がっている最中です!

avatar

ヨシ

ではでは、次はSL理論!

SL理論とは?

演壇で講義する白人男性

SL理論とは、アメリカのP. ハーシーとK. ブランチャードが唱えたリーダーシップ理論。

唯一普遍的なリーダーシップというものは、存在しない!

部下の成熟度によって、リーダーシップのスタイルを変えるのが理想的!
POINT!

状況に合わせたリーダーシップ=Situational Leadership

この頭文字をとって、SL理論となる訳ですね。

SL理論では、部下の成熟度を4つの段階に分けて、それぞれに合わせたリーダーシップ・スタイルを採るのが理想とされています。

教示的リーダーシップ(S1型)

教示的リーダーシップは、部下の成熟度が低い時に用いるスタイル!

アルバイトや新入社員などに、最適なスタイルになります。

特徴としては・・・
  • 細かく具体的な指示を出す
  • 進捗を管理監督する
  • タスク志向が高く、人間関係志向の低いリーダーシップ

説得的リーダーシップ(S2型)

説得的リーダーシップは、部下が成熟度を高めてきた時に用いるスタイル!

入社数年目の若手社員などに、最適なスタイルになります。

特徴としては・・・
  • 仕事の内容や方向性、意図などをしっかり説明する
  • 疑問や質問には、しっかり答える
  • タスク志向・人間関係志向ともに高いリーダーシップ

参加的リーダーシップ(S3型)

参加的リーダーシップは、部下がさらに成熟度を高めてきた時に用いるスタイル!

入社5年以上の中堅社員などに、最適なスタイルになります。

特徴としては・・・
  • 仕事の問題点を話し合う
  • 自分で考え、行動出来るようサポートする
  • タスク志向が低く、人間関係志向の高いリーダーシップ

委任的リーダーシップ(S4型)

委任的リーダーシップは、部下が完全に自立性を高めてきた時に用いるスタイル!

マネジメント職目前のベテラン社員などに、最適なスタイルになります。

特徴としては・・・
  • 仕事の細かい指示はしない
  • 仕事の権限や責任を委任する
  • タスク志向・人間関係志向ともに最小限のリーダーシップ

まとめ

さてさて、こんな感じで見てくると、何となくゴールと言うか目標が見えて来た気がしませんか?

リーダーシップの足がかりとしては・・・
まずはPM理論から
「目標の達成」と「チームワーク作り」を2本の柱と考え、磨いていく
次にSL理論から
部下の成熟度に応じて、細かい指示+厳しい進捗管理から
徐々に、自立→委任に向けて行く
っと、こんな感じで良さそうですね?
ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
リーダーシップを学ぶ足がかりとしては、とりあえずPM理論とSL理論だけおさえておけば良さそう!
名前はちょっとイラッとする感じだけど、そんなに難しくないかも?(笑)

この記事もあわせて読みたい↓