部下の成長を加速し、天才を爆発させる7つの方法!

先日、居酒屋で飲んでいたら、こんな会話が耳に入って来ました!

「部下が成長しないんだよねー。」

「部下を成長させる方法って、ないもんかね?」

中間管理職の方たちでしょうか?この手の悩みって、結構あるあるなんですね?

正直ボクも、けっこう悩んだことあります(笑)

しかもボクの場合、部下を持ったこともないまま起業してしまったので、マネジメントの知識も経験もゼロ!

部下が思う通りに動いてくれないと、ただただ…

「やる気ある?」

「そもそも、成長する気ないでしょ?」

なーんて、心の中でサルみたいにキーキー言ってました(笑)

でも!
ある日、メチャクチャ単純な事に気づく訳です。


『なーんだ、部下が悪いんじゃなくて、自分が悪いんじゃん!』

それからは、全てが上手く周りはじめます。

そしてラッキーな事に、今ではナント部下の方が、勝手に天才を爆発させるようになってくれてます。

このページでは、部下の成長を加速し、天才を爆発させる7つの方法!ということで…

「サル」だったボクが、20年あまりの会社経営を通して、どうやって「少しはまともな上司」に進化したのか?

そんなお話を、したいと思います!

avatar

ヨシ

4分ほどでサクッと読めると思います。
どうぞ最後までおつき合いください!

そもそも部下が成長しないのは上司がバカだから

そもそも部下が成長しないのは上司がバカだから

さてさて、自分が部下の成長で悩んだら、まずは何よりも最初に肝に銘じておかなければいけないのは…

部下は上司の写し鏡である!ということ。

つまり、部下が成長しないのは、自分が成長していないから!

もっとハッキリ言っちゃえば、部下が成長しないのは、上司がバカだから!ということ。

上司の仕事というのは、部下を育てることですよね?

要は、上司の方が無能で、その仕事が出来ないから、部下が育たない!って事なんです。

ちなみにこの見解を、ツイッターでつぶやいたところ、たくさん同意を頂きました!
 

部下の成長を加速し、天才を爆発させる7つの方法!

部下を成長させる7つの方法

こんな感じで、部下が育たないのは自分の責任!っと肝に命じたうえで。

部下の成長の責任を100%負ったら、もう愚痴という逃げ道は塞がりましたよね?

この状態まで来たら、あと考えるのはシンプルな7つのことだけ!
POINT! 
  1. 部下の長所を伸ばす
  2. 答えを言わない
  3. 細かく口を出さない
  4. 結果に責任をもたせる
  5. ただしガンガン失敗させる
  6. PDCAを習慣化させる
  7. 天才と気づかせる

avatar

ヨシ

それぞれ見ていきましょう!

部下の長所を伸ばす

まずは、部下の長所を見つけて、そこを伸ばすよう心がけること!

短所を直す方が良い!なんて意見もありますが、苦手なものはどこまで行っても苦手です。

逆に、得意なものはすぐに結果が出る場合が多いですよね?

素早く部下の才能を見つけて、そこを伸ばしてあげるのが、上司の最重要の役割です。

答えを言わない

次に大切なのが、部下に答えを言わないこと!

日本の場合、詰め込み教育の影響もあってか…

「やり方が分からないんですけど。」とか。

「次は、どうしたら良いですか?」なーんて。

調べたり考えたりせず「回答待ち」「指示待ち」がクセになってる人って、けっこう多いですよね?

そんな時は…

「どうすれば良いと思う?」とか。

「次のやり方、自分で考えてやってみて!」

という感じで、とにかく答えを言わずに、自分で考えるクセをつけてもらいましょう!

細かく口を出さない

細かく口を出さない

そして、部下のやることに細かく口を出さないこと!

コレも、自分で考えるように方向づけするうえで、大切ですよね?

事細かく色々口をはさむと、せっかく自分で答えを出そうとしている部下を、また「回答待ち」「指示待ち」の状態に戻してしまいます。

大切なポイントのみをおさえたら、なるべく大まかに指示を出し、あとは部下に任せるように心がけましょう!

結果に責任をもたせる

自分で考えさせて、大まかな指示しか与えない状態で、今度は結果に責任を持たせましょう!

部下の立場に立ってみると、コレって自信がないまま手探りで仕事する感じですよね?

慣れないうちは、正直ヒヤヒヤものじゃないでしょうか?

でも、それが良いんです!

手探りのヒヤヒヤ状態を何度も切り抜けた成功体験が、部下の確かな自信に繋がります。

ただしガンガン失敗させる

結果に責任を持たせはしますが、失敗も歓迎しましょう!

このまま行くと失敗するかも?という時も、口をはさまず我慢します。

もちろん、致命的なトラブルや、大きな損害に繋がりそうな時は、事前に回避するよう示唆や指摘が必要でしょう。

でも、小さな失敗は、ガンガン経験してもらいましょう!

小さな失敗を何度も繰り返して行くことで、部下が失敗を恐れなくなります。

PDCAを習慣化させる

PDCAを習慣化させる

そして、失敗した時は、そのままで終わらせないようにしましょう!

必ず、結果をチェックして改善。

次の計画を練って、もう一度トライ!

っといった感じで、PDCAを習慣化してもらいましょう。

天才と気づかせる

さてさて、ココまで来るうちに部下は…

自分の得意な分野で、大まかな地図だけを持って、自分で考えたやり方で、結果にもしっかり責任を持てる!

そして、失敗を恐れずに、もし失敗しても繰り返し改善して、最後はやり遂げてしまう!

…そんな人間になっているはずです。

コレって、もう天才とかスーパーマンのカテゴリですよね?

でも、案外当の本人は、気づいてなかったりするんです(笑)

そこで!
「○○さん、ついに天才爆発しちゃったね?」

っと、軽く気づかせてあげましょう!

部下が天才を自覚した瞬間、本気で部下の才能が大爆発することでしょう。

部下は生まれつき天才だった!

部下は生まれつき天才だった!

さてさてこんな感じで、部下を成長させる!とか、成長したら嬉しい!なんて偉そうに書いて来ましたが…

正直言っちゃえば、もともと部下が天才だっただけなんですよね。

上司がやることなんて、ほんのチョットです。
POINT!
良いところ見つけて
自分で考えてもらって
失敗なんて怖くないと伝えて
転んだら自分で立ってもらう
 
そんで、最後に一言だけ!
ほら、やっぱり天才だったじゃん!と伝えるだけ。
要は、部下がどこかで身につけてしまった変な習慣を、チョットだけ上書きしてあげるのが上司の役割。

あとは、放っておけば、生まれつき天才の部下の才能が勝手に爆発する!っていうお話なんです

まとめ

さてさて、部下の成長を加速し、天才を爆発させる7つの方法!いかがでしたでしょうか?

ボクはですね、「人間はみんな何かしらの天才」だと思うんです!

でも、成長するまでに、「それを忘れてしまった」り。

何かの拍子に、「無力」だとか「能力がない」とか、「思い込んでしまった」り。

そしてついには!

「怖い」とか「出来ない」とか、「訳の分からない状態」になってしまっただけなのでは?

ボクからすると『よく言うよ!無敵の天才のくせに!』って感じなのですが(笑)

でも、もしそうだとしたら、天才を忘れてる状態って、大きな資源の損失ですよね?

この記事を読んで頂いた上司の皆さんの元から、一人でも多くの天才が爆発して行ったら嬉しいです!
ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
部下は成長させるというより、元から何かの天才!
上司の仕事は、その才能を見出して、マインドブロックを取り除いて、思い出させること。
 
この記事もあわせて読みたい↓

この記事を書いた人

ヨシ

バリ島と日本で会社経営。脱サラ後30万円とPC1台を抱えバリ島へ→貧乏マーケター→美容&雑貨の貿易会社PT.Jepun設立→日本で化粧品販売会社『ピュアノーブル』設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』立ち上げ◀️今ココ◇趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫

data-restrict-data-processing="1">