SRのウィンカー バルブ切れ顛末記

私のバイクは、SRという単気筒の30年以上前のシロモノ。

このバイク、とにかく色んなところが壊れるんです (; ̄◇ ̄


「古いから?」っていうのもあるかもしれません。

でも、外国製のポンコツではなく、YAMAHAのバリバリの日本製!

30年物でもメチャクチャ元気です!

つまり、古さが問題なのではなく、単発の激しい振動が問題なんですよね。


新しいのに付け替えても、すぐに緩んだり壊れたりして、とにかくパーツの寿命が短いんです。

特に一番問題なのが、ウィンカーのバルブ!



単発の上に、サスを縮めてガチガチ、しかもバッテリーレスっと、まさにバルブにとっては三重苦!

完全にヘレン・ケラー状態なので、すぐにフィラメントが熱と振動で溶け落ちてしまう訳です。


普通のウィンカーバルブだと、ものの数時間!

振動に強いスタンレーの耐震バルブでも、数日しかもちません。


メーター類なら、走ってる最中に切れても、まあ良いっか?ってなりますが。。。

ウィンカーは危ないので、やっぱりそうも行きません!


で、最終的に辿り着いた結論は・・・




じゃんじゃじゃーん!


led01



LEDバルブ~!
(※ドラえもん風に読んでね♪)




led02


スタンレーのを外して、サクッと付け替え!


led03



ウィンカーが点灯した時の色に、味がないのがネックですが。。。

まあ、背に腹は変えられませんよね?


結果、付け替えてから、かなり経っていますが、今のところ切れる事もなく順調です!

って事で、SRのバルブ切れ顛末記でしたー (^0^)v


※ちなみに、LEDだと普通のバルブと違い抵抗が少ないのでハイフラになります。
気にする人は、リレーも交換してください!

この記事を書いた人

ヨシ

海外起業家。バリ島のWeb通販、美容・雑貨系貿易関連会社社長。
脱サラ後、30万円と中古のノートPC1台を抱え渡バリし現在に至る。得意分野は、通販サイト構築・運営全般と海外での会社経営。趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫