ハヤトウリが収穫の季節を迎えました!

ハヤトウリが収穫の季節を迎えました!

ハヤトウリって、めちゃくちゃ使えますよね?

漬物にしても、煮物にしても、味噌汁に入れてもウマイ!



バリ島では、炒め物にして食べる事が多いでしょうか?

パダン飯の具で、ハヤトウリの炒め煮みたいのが、まためちゃくちゃウマイッ!



さてさて、このハヤトウリ、日本では『隼人瓜』と書きます。

隼人=チャム人、つまりインドネシア人の事ですので、日本では『インドネシア人の瓜』という意味になります。


ところが逆に、バリ島では、ハヤトウリの事を『ジュパン』と呼びます。

もちろん、これは『日本の瓜』という意味でしょう。


「一体どっちが原産地なんだ?」と思い、調べてみたら。。。








『熱帯アメリカ原産』





(・o・?




何のこっちゃ?


この記事もあわせて読みたい↓

この記事を書いた人

ヨシ

海外起業家。バリ島のWeb通販、美容・雑貨系貿易関連会社社長。
脱サラ後、30万円と中古のノートPC1台を抱え渡バリし現在に至る。得意分野は、通販サイト構築・運営全般と海外での会社経営。趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします