起業で成功しやすい業種の選び方!【経験者オススメの方法】

仕事がら、よくこんな質問をされることがあります。

「起業する時、業種の選び方にコツとかあります?」

「成功しやすいのは、どんな業種ですか?」

うーん、正直コレってけっこう難しい問題ですよね?

人によって適正とかあるし、好き嫌いもあるし。

それで、はじめのうちは…

「人によるかな?」とか「簡単さとか損得で選ばない方が良いかも?」

なーんて、ふわっと答えていたのですが、何度か話しているうちにようやく答えがまとまって来ました。

そこで今回は!

起業で成功しやすい業種の選び方について、経験者の視点から簡単にまとめてみました。

avatar

ヨシ

4分ほどでサクッと読めると思います!
どうぞ、最後までお付き合いください。

起業で成功しやすい業種の選び方

起業経験者から見た成功しやすい業種の選び方は?

さてさて早速ですが、起業で成功しやすい業種の選び方。

ズバリ結論から言ってしまいますと、ポイントは5つあります!
POINT! 
  1. 需要とトレンドを頭に入れておく
  2. 今の仕事の延長線から選ぶ
  3. 好きな事の中から選ぶ
  4. 絶対に嫌な事を外して選ぶ
  5. 起業しやすさや儲けから選ぶ
それぞれ見ていきましょう!

需要とトレンドを頭に入れておく

需要とトレンドを頭に入れておく

起業をする時、まず最初に考えるべきなのは、なんと言っても「需要」です!

いくら自分がその仕事で起業したくても、世間に「需要」がなければ到底無理なお話。

例えば、 アパレルデザインの会社をやりたいとしても、作る服が奇抜すぎて着る人が少なければ、すぐにつぶれてしまいますよね?

他にも、アラスカ辺りの極寒の国で、サーフショップを開業したい!なんて言っても、それってもう笑い話です!

起業を考えるなら、「需要」は一番大切なポイントになります。

そして次に大切なのが、「トレンド」でしょうか?

「トレンド」と言っても、今熱いとか来てるという話だけでなく、それが何年続くのか?

起業するなら、今「トレンド」に乗ってて、30年後でも「需要」がありそうな業種が良いですよね?

30年後の予測が難しければ、せめて10年後でも!

1~2年で「需要」がなくなる技術やノウハウを、何年もかけて積み上げるとかナンセンスですよね?

「需要」と「トレンド」この2つのキーワードを、フワッと頭のフィルターにセットしたら、各仕事について見ていきましょう!

今の仕事の延長線から選ぶ

今の仕事の延長線から選ぶ

起業で一番成功しやすい業種は、今の仕事の延長線上にある仕事!

すでに今、その仕事で給料を稼いでいる訳ですよね?

それなら、ある程度の「需要」があるはずですし、少なくとも「好き」か「嫌いじゃない」仕事のはず。

当然「技術」とか、その業界独特の「習慣」みたいなものも、身についてますよね?

その辺りの「ノウハウ」を普通に生かしてあげれば、楽に確実に起業出来ると思います。

ただ一点、考えなければいけないのは「トレンド」の部分です!

例えば、今の仕事が「タクシーの運転手」とか、「宅配便のドライバー」だとします。

どちらの業界も今人手不足なので、独立・起業はそこまで難しくないはず。

ただし、10年後を考えた場合…

「タクシーの運転手」は自動運転に、「宅配便のドライバー」はドローン配送に代わってる可能性大きいですよね?

そう考えると、起業はチョット厳しいかも?

こんな感じで、今就いてる仕事の将来の「トレンド」がヤバそうな時は、次の可能性を探ります。

※参考(外部リンク PDF)
日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に | 野村総合研究所

好きな事の中から選ぶ

好きな事が仕事の中から選ぶ

2番目に成功しやすい業種が、好きな仕事です!

自分が起業した業種がブルーオーシャンで、ライバルが少ない場合はまだいいのですが。

レッドオーシャンだった場合、好きな仕事じゃないと生き残れません。

数多くいるライバルの中で、生き残ってくるのは…

意思が強かったり、行動力があったり、頭が良かったり、そういった優秀な連中ばかりです。

そんな連中と張り合ったり共存していくには、ゾーンに入り込んで脳内麻薬をバンバン使って、時間を忘れて仕事するのが一番!

ただただ好きな仕事にのめり込んでたら、上手く行ってた!そんな形が理想ですよね?

絶対に嫌な事を外して選ぶ

絶対に嫌な事を除外して選ぶ

今の仕事や好きな仕事が、今後なくなったり起業が難しそうな場合は、絶対に嫌な事を外して業種を選ぶと良いかも?

ボクの場合が、まさにこのケースでした!

ボクの場合、起業当時勤めていたのが「公共交通機関」で、好きな仕事が「ジャーナリスト」という感じ。

これだと、今の仕事や好きな仕事で起業するのは、難しいですよね?

それでも、起業を志していたボクは、必死で考える訳です。

起業に必要な「ノウハウ」の積み上げもなくて、好きな仕事みたいにゾーンにも入れない!

こういう不利な状態を有利に戦うには、「時間」を有効に使わなければならない…。

「だとしたら、極限まで通勤時間を減らせば良いのでは?」

つまり、「通勤」が絶対に嫌な事!になった訳です。

こうやって、「通勤」を除外した結果、起業出来る仕事として残ったのは…
  1. SOHO
  2. ノマドワーク
 
この2つだった訳です!

起業しやすさや儲けから選ぶ

起業しやすさや儲けから選ぶ

そして最後に!

あまりオススメ出来ないのが、起業しやすさや儲けから業種を選ぶこと。

仮にいくら「需要」や「トレンド」に合っていても、こういう選択をすれば、ノウハウもない好きでもない仕事を、やり続けなければならない訳です。

コレって、かなりストレスじゃないですか?

しかも、起業しやすく儲けやすいとなれば、すぐに競争相手がたくさん参入してくるはず。

その中で生き残って行くのは、その仕事が好きでゾーンに入ってる連中や、めちゃくちゃ優秀な連中ですよね?

そんな中で、ストレス感じながら我慢して仕事してても、負けるのは時間の問題です!

出来れば、起業しやすさや儲けからは、業種を選ばないのが賢い選択かも?

このあたりの事をTwitterでつぶやいたところ、けっこう賛同を頂けたようです!
 

まとめ

さてさて、少し長くなったので、この辺でまとめます! 
起業で成功しやすい業種の選び方は?
まずは「需要」と「トレンド」というフィルターを頭にセットする!
今の仕事の延長線上に「需要」と「トレンド」がないか考える
好きな事の中に「需要」と「トレンド」がある仕事がないか考える
絶対に嫌な事を外して残った仕事に「需要」と「トレンド」がないか考える
起業しやすさや儲けから、業種を選ぶのはオススメしない!
ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
起業で成功しやすい業種は、「今している仕事」か「好きな仕事」!
起業しやすさや儲けから業種を選ぶのは、あまり賢い選択じゃないかも?
 
この記事もあわせて読みたい!↓

この記事を書いた人

ヨシ

バリ島と日本で会社経営。脱サラ後30万円とPC1台を抱えバリ島へ→貧乏マーケター→美容&雑貨の貿易会社PT.Jepun設立→日本で化粧品販売会社『ピュアノーブル』設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』立ち上げ◀️今ココ◇趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫

data-restrict-data-processing="1">