海外起業する時、ビザってどうする?

海外で起業する時、けっこう悩ましいのがビザ!

国によっては、入国するだけでビザが必要!なんて国もありますよね?

もっとも、日本人の場合は、こういった入国ビザは、免除されちゃう国も多いんですが…

でも!
現地で働いたり、起業したりってなると、そうも行きません!

そこで今回は、海外起業する時、ビザってどうする?なーんてお話。

avatar

ヨシ

3分ほどで簡単に読めると思います!
どうぞ、最後までお付き合いください。

海外で起業するなら、もちろんビザは必須!

海外で起業するなら、ビザは必須!

さてさて、まずは結論から言ってしまえば、海外起業の際には、もちろんビザは必須です!

起業ビザ、スタートアップビザ、オーナービザなど、呼び方は色々あるかと思いますが。

法人登記する際には、そういった起業系のビザが必須になります。

国によっては、起業の際もビザ免除!なんてところもありますが、こういったケースは稀です。

ビザに対する考え方!

ビザに対する考え方!

『なんだ、やっぱり必須なのか?』

『それなら、詳しく調べなきゃ!』なんて思った方も多いと思います。

でも、そういった詳しい調査は、後回しにするのがおすすめ!

だって、ビザだの登記だの、そんなしち面倒くさい事を考えていたら、パワーや行動力を削がれてしまいますから。

まずは、自分が起業したい国で、最低限下の2つのことだけを調べて…
POINT!
1,日本人に起業ビザはおりるのか?
2,日本人でも法人登記が出来るのか?
あとは、事業の方の下調べなんかに、全力を注いだほうが良いかと思います。

一般的なビザの種類と起業までの流れ

一般的なビザの種類と起業までの流れ

ビザには、一般的には以下4つの種類があります!
  • 入国ビザ
  • 長期滞在ビザ
  • 就労ビザ
  • 起業ビザ

これらのビザと起業の流れを見ていくと…
何となく気になる国が見つかる!
日本人でも、起業や法人登記が出来るかだけ調べる!
入国ビザや長期滞在ビザで入国する!
起業の可能性を探る!
起業できそうなら、本格的にビザについて考える!
コレって、当たり前のように思えますよね?

でも、起業の可能性がまだハッキリしないうちに、詳しくビザについて調べてる方もお見受けします。

時間や気力を無駄にしないためにも、こんな流れで行くとスームズかな?なんて思っています。

ビザ取得や法人登記が面倒くさい時は?

ビザ取得や法人登記が面倒くさい時は?

さてさて、こんな感じで現地に入って、首尾よく何だか良さげな起業ネタを見つけた!

そして、いよいよ起業ビザ取得して、法人登記だ!なーんてなった時。

ラッキーな国だと、簡単にオンラインとかで、サクッと自分で申請出来ちゃうケースもあります。

でも逆に、手続きがめちゃくちゃ面倒くさい国も、あるんですよねー。

そんな時は、迷わず現地在住の信用おける日本人に相談しましょう!

そして、良い行政書士やら代書屋やら、エージェントを紹介してもらうと良いでしょう。

ビザやら登記やら、そんなしち面倒くさい事は、信用できる専門家に任せる!

そして、気力や体力は、あくまで本業に注ぐのがおすすめかも?
ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
海外起業では、どうしてもビザは必須!
でも、最低限のことだけ調べて、細かいことは後回しで充分。
面倒な場合は、専門家に任せて、自分の時間や気力は本業に注ごう!

この記事もあわせて読みたい↓

この記事を書いた人

ヨシ

海外起業家。バリ島のWeb通販、美容・雑貨系貿易関連会社社長。
脱サラ後、30万円と中古のノートPC1台を抱え渡バリし現在に至る。得意分野は、通販サイト構築・運営全般と海外での会社経営。趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫