新たな挑戦の心得!全く未知の事に挑む時に心がけたい5つのこと

今回のテーマは、新たな挑戦の心得について!

自分にとっての新しいチャレンジはもちろん、まだ誰も試してないような事にトライする時に…

「どんな事に注意するべき?」

「おさえておくべきポイントは?」

「自分にもできるの?」

なーんて事について、ボクの経験をもとにまとめてみました!
丸矢印アイコンこの記事の信頼性
記事の信頼性の表記
Twitter(@yoshi001)
丸矢印アイコンこの記事の結論
全くの新たな挑戦でも、5つのポイントさえおさえておけば、けっこう大丈夫かも?
 
最後まで読み終わると、そのあたりの事が「なるほど!」なんてハッキリ理解できます。

4分ほどで、サクッと読めるかと思います。

どうぞ、最後までお付き合いください!

失敗を恐れない

失敗を恐れない

ではでは、さっそく新たな挑戦に挑む時、心がけたい5つのポイント!

1つ目は、なんと言っても失敗を恐れないこと。

初めての事に挑む時、「うまく行くかな?」「失敗したらどうしよう?」ってなる気持ち、スゴく分かります。

ボクも、最初はそんな感じでした。

でも、数々の挑戦と失敗を繰り返す中で、気づいたことがあるんです!

「優秀なプロの野球選手でさえ、3割ぐらいしか打てないのに…」

「ボクみたいな凡人が、失敗しないで10割目指してること自体、おこがましいのかも?」

何が言いたいのかというと、失敗するのが当たり前!っていうこと。

ボク達は選びぬかれたプロでもないし、ましてや初めての挑戦で、上手く行く方が奇跡なのでは?

だったら、失敗を恐れて立ち止まってしまったり、萎縮してもっと変な風になったりするよりも、むしろ失敗前提で…

「何回か失敗すれば、そのうち当たりを引くでしょ?」

なんて、気楽に構えてサクサク行くほうが、成功の確率が上がるのでは?

集中できる環境を作る

集中できる環境を作る

新たな挑戦の2つ目のポイントは、集中できる環境を作ること!

いくら失敗前提で準備しても、初めての事にはどうしても予想外の事態が起こるもの。

そんな時に、どんな事態にも対処できるように、集中できる環境を作っておくことが大切です。

うまく失敗するコツは、小さな失敗を小刻みに繰り返すこと!なのですが。

予想外の事が起こった時に、すばやく対処できないと傷が大きく広がる事が多々あります。

少なくとも、ある程度の時間やお金、気力を確保しておくと良いでしょう。

計画に時間をかけない

計画に時間をかけない

3つ目のポイントは、計画に時間をかけないこと!

「何かをする時は、じっくり計画を練るべき!」

そんなアドバイスって、けっこうありがちですよね?

でもじつは、計画にはあまり時間をかけない方が、案外効率的だったりします。

なぜなら、物事はほとんどの場合、予定位通りに行かないから。

とくに新たな挑戦や初めての事なんか、1ミリも計画通りになんか進みません。

ですので、細かい計画はほぼ時間のムダ!

ザックリとした計画だけ作って、とりあえず&とりあえずでテストを重ねて行くのがベターです。

大金をつぎ込まない

大金をつぎ込まない

4つ目のポイントは、いきなり大きな投資をしないこと!

失敗を前提に、小さなテストを小刻みに繰り返す訳ですから、当然ですよね?

大切なのは、失敗した時のダメージをいかに最小限にして、次につなげるか?

そして、確信をつかんだら、その時はじめて勝負をかければ良いわけです。

仮に予算がふんだんにあったとしても、先が見えるまでは、大金はつぎ込まない方が良いかと思います。

片っ端から試してみる

片っ端から試してみる

5つ目のポイントは、片っ端から試してみること!

新たな挑戦で1歩目を踏み出す時、例えば10個の選択肢が見えたら、チョット迷いますよね?

「一見コッチが有望みたいだけど、うーん…やっぱりコッチか?」なーんて。

そんな時、アナタならどうしますか?

ボクの場合なら、10個全部試しちゃいます!

片っ端から全部試して、一番良かった物が答えになる感じでしょうか?

「ほんの少しでもデータを集めて、順番を決めた方が効率的じゃない?」

なんて意見もあると思いますが、選択肢が見えている場合、初めにソコソコの結果が出ても、最終的に一応全部試すことになりますよね?

だったら、考えてる間に、片っ端から全部試してしまう!そんなやり方のほうが、効率的ではないでしょうか?

最小限の予算と最小限のダメージ、そして最短の時間で、いかに今ある選択肢を全て試すのか?

それが新たな挑戦を成功に導く、最短コースになるかと思います!

試す順番なんかは、データがあればデータから、無ければカンで決めちゃってOKですので(笑)

まとめ

さてさて、「新たな挑戦の心得!全く未知の事に挑む時に心がけたい5つのこと」いかがでしたでしょうか?

いやー、新たな挑戦って、いくつになっても胸が踊りますね。

不安とか心配ごととかも、案外スリルになっちゃったりして(笑)

この記事が一人でも多くの挑戦者たちに、少しでも役立てたら嬉しいです!

最後までおつき合いいただきまして、ありがとうございました。
ヨシ
- 今回のまとめ -
新たな挑戦に挑む時は、失敗を恐れたり、ためらったりしないで、機械的に片っ端から試して行く方が良いかも?
ただし、最小限の予算と最短の時間ってことを忘れないように!
 
↓この記事もあわせて読みたい

この記事を書いた人

ヨシ

バリ島と日本で会社経営。脱サラ後30万円とPC1台を抱えバリ島へ→貧乏マーケター→美容&雑貨の貿易会社PT.Jepun設立→日本で化粧品販売会社『ピュアノーブル』設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』立ち上げ◀️今ココ◇趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫

data-restrict-data-processing="1">