織田信長って残虐だったの?それとも優しい人だったの?

今回のテーマは、織田信長は残虐なのか優しい人だったのか?なんてお話!

信長のイメージと言えば「鳴かぬなら、殺してしまえホトトギス」って感じ?

どちらかと言えば、短気とか残酷みたいな印象が強いですよね?

でもその一方で、盆踊りを開いて自ら天女のコスプレで、領民たちを楽しませた!

なんて、気さくでいい人風なエピソードが残っていたり…。

コレって、いったいどっちが本当なんでしょう?

今回は、そんな謎に迫ってみたいと思います!

avatar

ヨシ

5分ほどで、サクッと読めるかと思います。
どうぞ、最後までお付き合いください。

織田信長が残虐とか残酷と言われる理由って?

比叡山焼き討ちなどが、織田信長が残虐とか残酷と言われる理由

ではでは、まずは織田信長が残虐とか残酷なんて、言われちゃう理由について!

大きな根拠は、どうやら3つあります。
信長が残虐と言われる3つの理由 
  1. 寺院を焼き討ちしたり宗教勢力を殲滅した
  2. 天正伊賀の乱で3万人を殲滅した
  3. 浅井・朝倉氏の髑髏(ドクロ)の杯で酒を飲んだ
それぞれ見ていきましょう!

寺院を焼き討ちしたり宗教勢力を殲滅した

信長は、宿敵である寺社勢力との戦いの中で、寺社を焼き討ちしたり、かなりの数の僧侶や信徒を殲滅しています。

1571年の比叡山焼き討ちでは、寺に火をかけ3千人以上が犠牲に。

1574年に終わった長島の一向一揆では、一揆勢を城に閉じ込めて火をかけ、2万数千人を焼死させ。

さらに1575年の越前一向一揆では、勝敗が決まった後に、1万2千人の一揆勢を殲滅したと言われています。

天正伊賀の乱で3万人を殲滅した

天正伊賀の乱で3万人を殲滅した

そして、1581年の第二次天正伊賀の乱では、9千人の伊賀忍者を壊滅状態に!

さらに、伊賀衆をかくまった村や、逃げ込んだ村の住人を含めると3万人以上を殲滅したと言われています。

浅井・朝倉氏の髑髏(ドクロ)の杯で酒を飲んだ

さらに、これが極めつけ!

信長包囲網の一翼として、信長に逆らい続けた浅井久政・長政父子と朝倉義景を倒した後。

三人の首を漆と金箔(薄濃:はくだみ)で髑髏(ドクロ)の杯に加工して、酒を飲んだ!

そんなエピソードも残っています。

コレが本当だとしたら、残虐とかいうよりも、信長ってかなりヤバいですよね?

信長が優しいとかいい人とか言われる理由って?

ではでは今度は、逆に織田信長は優しいとか、いい人なんて言われる理由について!

根拠はおもに4つあります。
信長が優しいと言われる4つの理由 
  1. 傅役(もりやく)である平手政秀の死を悼む
  2. 裏切り者も許す
  3. 秀吉の正室の寧々(ねね)に慰めの手紙を送る
  4. 「山中の猿」という障害者をいたわる
それぞれ見ていきましょう!

傅役(もりやく)である平手政秀の死を悼む

傅役(もりやく)である平手政秀の死を悼む
※参考:政秀寺公式ホームページ

信長は若い頃、素行の悪さで「大うつけ」として有名だったのですが…。

ある日それを諌めるため、傅役(もりやく)だった平手政秀が自害してしまいます。

この時信長は、自分を育ててくれた「じい」が、自分のせいで死んでしまったことに責任を感じ、めちゃくちゃ悲しみます。

そして、「じい」の名をつけた「政秀寺」という寺を建て、菩提を弔っています。

裏切り者も許す

信長ほど人に裏切られた武将も珍しいですが、じつはけっこう裏切り者を許しているんですよね。

例えば、尾張統一前に信長に謀反した、弟の織田信勝(信行)を許してますし。

この時、信勝に味方した柴田勝家や林秀貞も、普通に召し抱えてます。

松永久秀にいたっては、2回も信長を裏切ったのに、茶器をくれたら許す!

なーんて悠長な事を言っています(笑)

秀吉の正室の寧々(ねね)に慰めの手紙を送る

秀吉の正室の寧々(ねね)に慰めの手紙を送る

そして、人に気を遣う細やかな一面も!

ある日、豊臣秀吉の正室の寧々(ねね)が、信長にグチの手紙を送って来ました。

秀吉の女グセが、あまりにヒド過ぎる…。

その返信の中で信長は「あなたほどの女性を二度とあの「ハゲネズミ」は見付けることができない」と慰めたそうです。

「山中の猿」という障害者をいたわる

岐阜の山中という村に、「山中の猿」と呼ばれる体の不自由な乞食がいました。

「猿」がいつも同じところで雨にたれているのを不憫に思った信長は、村人たちに木綿二十反を預けます。

「この半分を使って小屋を建て、この者が飢え死にしないよう、情けをかけておいて欲しい」と伝えます。

「山中の猿」も村の人たちも、信長は情け深い方だと涙したというエピソードが残っています。

信長って結局残酷だったの?優しかったの?

信長って結局残酷だったの?優しかったの?

さてさて、こんな感じで見て来ましたが、信長って結局残酷だったんでしょうか?

それとも、優しかったんでしょうか?

じつは、2016年に豊臣秀吉が家臣に宛てた、33通の書状が見つかっています。

その中で、秀吉は家臣にこんな事を言っています。

「追放した奴をかくまうな!信長の時代のように甘くない!」

つまり、秀吉は「信長は甘かったから、家臣に裏切られて滅びた」という認識を持っていたということ。

もっとハッキリ言っちゃえば、信長の欠点は優しすぎ!ってことなんですね。

そうやって考えると、宗教勢力や伊賀忍者の殲滅や、髑髏(ドクロ)の杯も見方が変わって来ますよね?

何か理由があるのでは?

※参考(外部リンク)
「信長の時代のように甘くない」 秀吉の書状33通発見

宗教勢力を殲滅した理由

この時代の寺社は、強力な傭兵を持つうえに、檀家や氏子から巻き上げた金で高利貸や武器屋を営み、海運や陸運なども支配する戦争屋のような存在!

しかも、たちの悪いことに、武士でもない庶民の『心』を操って戦闘員に変えてしまいます。

庶民を操って戦争すれば、兵の損耗ナシで戦えて好都合なのでしょうね。

この結果、3つの事が起こります!
POINT! 
  • 信者になったら庶民が戦闘員に変わる
  • 誰が戦闘員で誰が違うのか分からない
  • 寺社と戦うと罪のない民衆を虐殺したと言われる
    これが、信長が宗教勢力と戦う時、僧侶も庶民も含めて殲滅して、虐殺者と言われた理由になります。

    伊賀忍者を殲滅した理由

    伊賀忍者を殲滅した理由

    天正伊賀の乱でも、じつは同じような事が起こっていたんです。

    一度目は、伊賀忍者たちに完敗してしまった信長軍。

    二度目は絶対に負けられない戦いだったのですが、伊賀忍者たちはゲリラ戦に強く、信長軍にかなりの被害が出ていました。

    それでも何とか追い詰めると、伊賀忍者達は庶民に化けて逃げたり、油断させて襲いかかって来たりします。

    どうしても負けられない戦いで、誰が戦闘員で誰が違うのか分からない状況…。

    そんな中で、殲滅戦を決断することになったのではないでしょうか?

    浅井・朝倉氏の髑髏(ドクロ)の杯を作った理由

    浅井・朝倉氏の髑髏(ドクロ)の杯にいたっては、ハッキリ言っちゃえばウソ!

    たしかに、信長は浅井久政・長政父子と朝倉義景の頭蓋骨に、漆と金箔で装飾を施したのは事実のようです。

    これは『信長公記』にも記録があり、当時は敵に敬意を表し勇気を称える意味があったようですね。

    でも、それを杯にして酒を飲んではいないようですよ!

    信長は下戸で、酒はほとんど飲めませんし。

    まとめ

    さてさて、「織田信長って残虐だったの?それとも優しい人だったの?」いかがでしたでしょうか?

    やっぱり、多くの人の上に立つ人間って、冷酷過ぎてもダメだし、いい人だけでも無理ですよね?

    両方の面がないと厳しいと思うのですが、当時の人から見れば信長は…

    どちらかと言えば、優しい方に寄っていたんでしょうね?

    信長の右腕のような存在だった、秀吉が言うんだから間違いないでしょう。
    ヨシ
    - 今回のまとめ -
    織田信長は、残虐とか残酷な面も確かにあったかも。
    でも、当時の武将の中では、どちらかと言えば優しくていい人寄りだったのでは?
     
    ↓この記事もあわせて読みたい

    この記事を書いた人

    ヨシ

    バリ島と日本で会社経営。脱サラ後30万円とPC1台を抱えバリ島へ→貧乏マーケター→美容&雑貨の貿易会社PT.Jepun設立→日本で化粧品販売会社『ピュアノーブル』設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』立ち上げ◀️今ココ◇趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
    起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫

    data-restrict-data-processing="1">