真田丸で秀吉が瓜売りに扮した『瓜畑遊び』って何?本当にあったの?

先日、歴オタ達の会話の中で、こんなことがありました!

avatar

歴オタ

真田丸で秀吉が瓜売りに扮した回、覚えてる?
あの『瓜畑遊び』って本当にあったと思う?

えっ?『やつしくらべじゃなく?』

avatar

ヨシ

avatar

歴オタ

瓜畑でやった『やつしくらべ』だから、『瓜畑遊び』って言うんだって。

へー、そうなんだ?

avatar

ヨシ

avatar

歴女

瓜畑遊び?やつしくらべ?
何それ?

・・・。

avatar

歴オタ

っという事で今回は!

真田丸で秀吉が瓜売りに扮した『瓜畑遊び』って何?本当にあったの?なんてお話。

豊臣秀吉の意外な魅力に、触れてみたいと思います!

そもそも瓜畑遊びって何?

そもそも瓜畑遊びって何?

「瓜畑遊び」とは、冒頭にも出てきましたが、昔風に言ったら「やつしくらべ」のこと。

「身をやつす競争」という意味なので、「変装大賞」とか「仮装大会」?

もっと今風に言っちゃえば、「仮装してやる即興コント」みたいになるでしょうか?

何千人も部下をもつ超コワモテの戦国武将たちが、ヒョットコやらどじょうすくいのような格好をして、吉本新喜劇のようなコントをするのですから…

これは当時としては、かなり笑える催し物だったのではないでしょうか?

ではでは、そんな瓜畑遊び!

実際にあった史実なのでしょうか?

瓜畑遊びって本当にあったの?

肥前名護屋城
肥前名護屋城


『瓜畑遊び』は、儒学者の小瀬甫庵が書いた『太閤記』、また『絵本太閤記』などで、秀吉の朝鮮出兵時の肥前名護屋城に滞陣中のエピソードとして紹介されています。

『太閤記』も『絵本太閤記』も虚飾が多く、史料としては信憑性があまり高くないとされてはいるのですが…

名護屋城滞陣中に、舟遊びや茶会など他にも様々な催し物が開催されている点。

即興コントのセットや配役、セリフなど、めちゃくちゃ細かい点まで描写されている点などから。

瓜畑遊びについては、実際にあった史実の可能性が高いのでは?なんて言われています。

ではでは、そんな瓜畑遊びって、ドコでどんな風に開催されたんでしょう?

開催場所はどこ?コントのセットや配役は?

コントの配役は?

開催された場所は、肥前名護屋城(佐賀県唐津市)近くの瓜畑!

そこに、瓜屋や竹かご屋(あじか屋)、宿屋などのわざとショボくした、コント風のセットを作らせ。

歴戦の大名たちを集めて、開催したそうです。

太平記によると、主な配役はこんな感じ!
瓜畑遊びの配役
豊臣秀吉:瓜売り
徳川家康:竹かご売り(あじか売り)
前田玄以:尼僧(女装)
蒲生氏郷:お茶売り
織田有楽斎:旅の老僧
前田利家:高野聖
有馬則頼:有馬池坊という宿の主人
徳川家康のあじか売り姿が、ハマり過ぎていたり。

老僧役の織田有楽斎が、秀吉の瓜を値切りまくったり、もっと良いのを寄越せとクレーマーになったり。

体のゴツい前田玄以が、女装してしなをつくったり。

皆なかなの芸を見せたようですが…

若手の羽柴秀勝や織田信雄などは、不慣れなせいかスベりまくっていたんだとか(笑)

豊臣秀吉って魅力的!

豊臣秀吉って魅力的!
豊臣秀吉


いやー、こうして見てくると、豊臣秀吉ってやっぱり魅力的な人ですよね?

この瓜畑遊びは、朝鮮出兵で戦況が膠着状態で、思うように行かない時に開催してるんです。

戦いが全く思わしくない時に、レクリエーションを企画して、ガンガン楽しんじゃうあたり、さすが天下人ですよね?

器が全く違います!

ボクなら、思うように行かない間、ずーっとイライラして終わりですね(笑)

どんな状況のときでも、常に人を楽しませようとする余裕と精神力!

秀吉さんって、やっぱりスゲーなとつくづく感心してしまいました。
ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
窮地に陥っても、笑いや余裕を忘れない器!
やっぱり秀吉さんって、相当魅力的な人だったのでは?
比べるのもおこがましいですが、ぜひ見習いたいものですね。
 
↓この記事もあわせて読みたい

この記事を書いた人

ヨシ

海外起業家。バリ島のWeb通販、美容・雑貨系貿易関連会社社長。
脱サラ後、30万円と中古のノートPC1台を抱え渡バリし現在に至る。得意分野は、通販サイト構築・運営全般と海外での会社経営。趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫

data-restrict-data-processing="1">