筋トレでバルクアップしたいなら餅!と言われる理由って?

筋トレに励むトレーニーの食事といえば!

おかずは鶏の胸肉、主食は玄米やタイ米あたりが定番ですよね?

でもバルクアップ期とか、ハイカーボの日になると急に…

『餅だ!』『餅が一番!』なんてなりますよね?

アレってなぜなんでしょう?

そこで今回は、筋トレと餅の相性について考えてみました!

筋トレでバルクアップしたいなら餅!と言われる理由って?

avatar

ヨシ

4分ほどで、サクッと読めるかと思います。
どうぞ、最後までお付き合いください。

筋トレのバルクアップに餅がおすすめの理由!

筋トレのバルクアップに餅がおすすめの理由!

さてさて、早速ですが!

筋トレでバルクアップしたい時、餅がおすすめ!と言われる理由について。

それぞれ、見ていきましょう!

お手軽

まずは、コレはバルクアップ期に限りませんが、餅ってめちゃくちゃお手軽ですよね?

どこのスーパーでも、コンビニでも手に入りますし。

真空パックになってるので、保管だって超簡単です!

調理が楽チン

さらに、餅は調理だって楽チン!

トースターで焼いたり、レンジでチンするだけ。

そこに醤油やはちみつ、メープルシロップなんかを垂らしたりすれば、もう食べられちゃう。

なんなら、おかずもいりません!

食が細くてもたくさん食べれる

餅は便利で簡単にたくさん食べられる

そして何よりも、食が細くてもたくさん食べられる!

筋肉を大きくしたければ、トレーニングに励むのはもちろんですが、たくさん食べなければなりませんよね?

そうなるとある意味、内臓とか胃腸の勝負っぽいところがあります。

でも、食が細かったり、胃腸が弱かったり、ある程度年齢がいってたりすると、そこまで食えないんですよね。

とくに、トレーニング後なんかは、なかなか食欲が湧かない時も…。

そんな時、玄米とかはキツイけど、餅なら何とかツルッと行けちゃうもんです。

しかも、消化が良いので、その後もしっかりお腹が空いてくれます。

脂質と切り離しやすい

バルクアップで炭水化物を増やして行く時に、気をつけなければいけないのは、脂質について!

炭水化物と一緒に、動物性の油やトランス脂肪酸などのダーティーな脂質を摂ってしまうと、変な太り方をしてしまいます。

こういう脂質って、買って来た惣菜なんかに大量に含まれているんですよね。

その点、餅ならおかずが要らないので、脂質と切り離しやすい!

例えば、餅+プロテイン+野菜とかでも、簡単に体脂肪のつきにくい1食を構成出来てしまいます。

餅の栄養価

餅の栄養価

餅の栄養価は、こんな感じ!

参考のために、白米と比較してみました。
餅の栄養価(100gあたり)
カロリー 234kcal
炭水化物 50.8g
脂質 0.6g
たんぱく質 4.0g
白米の栄養価(100gあたり)
カロリー 168kcal
炭水化物 37.1g
脂質 0.3g
たんぱく質 2.5g
 
こうして白米と比べてみると…

ツルッと入るとか食べやすいだけじゃなく、同じ量を食べれば、カロリーは白米の約1.4倍!

摂取カロリーを増量したいバルクアップ期には、まさにもってこいの食材ですよね?

※参考
日本食品標準成分表2015年版(七訂)

餅を食べるタイミングは?

餅を食べるタイミングは?

餅を食べるタイミングは、普通の炭水化物と一緒!

朝とトレーニング前後はやや多めに、そしてあと2~3回ぐらい小分けして摂る感じでしょうか?

こうしてあげれば、体脂肪を最小限に抑えながら、上手に増量できるかと思います。

また餅は米と比べても消化が良いので、トレーニング前後なんかは特にオススメかも?

減量期でも使える?

餅は減量期でも使える?

ではでは最後に、餅は減量期にも使えるの?なんてお話!

うーん…これはちょっと微妙かも?

好きな人は、減量期でも餅を食べてる!なんて話も聞きますが…

ボクの場合は、消化が良いせいか、ちょっと食べ過ぎてしまいます。

※GI値も※GL値も高めなので、体脂肪もやや乗りやすいかも?

ですので、減量期は餅よりも、GI値・GL値が低く脂肪のつきにくい「さつまいも、オートミール、玄米」などに切り替えた方が良さそうですね。

※GI値とは
50gの糖質を摂った時の血糖値の上がりやすさを表した数字


※GL値とは
1人前糖質を摂った時の血糖値の上がりやすさを表した数字
どちらも、低ければ低いほど脂肪がつきにくい。
炭水化物のGI値とGL値
品名 GI値 GL値
さつまいも 44 19
オートミール 59 14
玄米 66 34
白米 75 41
もち 82 41
 
※参考(外部リンク)
wtGL値(weight GL値)換算表について | 宇部内科小児科医院

まとめ

さてさて、少し長くなったので、この辺でまとめます!
 
筋トレのバルクアップに餅がおすすめの理由!
お手軽
とにかく調理が楽
食が細くてもたくさん食べれる
脂質と切り離して食べやすい
餅を食べるタイミングは?
朝とトレーニング前後、その他適当に小分けして
減量期でも使える?
さつまいも、オートミール、玄米などに切り替えた方が良いかも?
ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
餅はバルクアップ目的の筋トレや増量期には、とくにオススメ!
でも減量期には、腹持ちや体脂肪のつき方なんかを見ながら、考えた方が良いかも?
 
この記事もあわせて読みたい↓

この記事を書いた人

ヨシ

海外起業家。バリ島のWeb通販、美容・雑貨系貿易関連会社社長。
脱サラ後、30万円と中古のノートPC1台を抱え渡バリし現在に至る。得意分野は、通販サイト構築・運営全般と海外での会社経営。趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫

data-restrict-data-processing="1">