筋トレに和菓子がおすすめの理由って?食べるタイミングや栄養価は?

ジムに通っていると、筋トレブースの脇で和菓子食べてる人って、よく見かけませんか?

トレ前やトレ後とかに、ようかんや大福あたりをパクパク&モグモグ!

アレって、なぜなんでしょう?

どうして和菓子なの?

洋菓子とかじゃダメなの?

っという事で今回は…

筋トレに和菓子がおすすめの理由、食べるタイミングや栄養価!

そして、増量期や減量期の注意点などについて、簡単にまとめましたー。

avatar

ヨシ

4分ほどでサクッと読めるかと思います。
どうぞ最後までおつき合いください!

筋トレに和菓子がおすすめの理由って?

筋トレに和菓子がおすすめの理由って?

それでは!
まずは、筋トレに和菓子がおすすめの理由について。

お手軽

何よりも、とにかくお手軽ですよね?

添加物をちょっと我慢すれば、コンビニで簡単に手に入ります。

しかも1個ずつ小分けに包装されているので、持ち運びにも食べ分けにも便利です。

素早くエネルギーに変わる

糖分は、筋肉のガソリンになるグリコーゲンの素になります。

グリコーゲンが足りない状態で筋肉を動かすと、体は筋肉を分解してエネルギーにしてしまいます。

つまり、糖分を補給せずに空腹のまま筋トレすると、筋肉が逆に小さくなるなんて事に…

筋トレ前に、何かしらの糖分を摂るのは、ある意味必須ですよね?

でも、忙しく仕事なんかしていると…

『ヤバッ、ジム入りまで30分しかないのに、何も食ってない!』なーんて。

そんな時、吸収の早い和菓子は、絶好の糖分補給源になる訳です。

餅や皮は腹持ちも良い

餅や皮は腹持ちも良い

しかも和菓子の場合、吸収が早いだけじゃないんですよね!

糖には、ザックリ分けると、吸収の早い順に3つの種類があります。
POINT! 
  1. 糖類
  2. 糖質
  3. 炭水化物
和菓子は、一番吸収の早い砂糖などの糖類と、ゆっくりと分解される餅や皮、求肥などの炭水化物が組み合わされています。

つまり、吸収が早いうえに、ある程度腹持ちも良いってことなんです。

脂質が少ない

甘い物やスイーツと言えば、脂肪になりやすい糖と脂質の組み合わせが多いですよね?

でも、和菓子の場合、甘いは甘いのですが、脂質がほとんど入っていません!

つまり、脂肪がつきにくい優秀なスイーツ!という訳なんです。

おもな和菓子の栄養価

おもな和菓子の栄養価

ではでは、そんな和菓子の栄養価について!

文部科学省の日本食品標準成分表によると、おもな和菓子の100gあたりの栄養価はこんな感じです。


ようかんの栄養価(100gあたり)
カロリー 296kcal
炭水化物 70g
たんぱく質 3.6g
脂質 0.2g
まんじゅうの栄養価(100gあたり)
カロリー 260kcal
炭水化物 59.2g
たんぱく質 4.9g
脂質 0.4g
大福の栄養価(100gあたり)
カロリー 235kcal
炭水化物 52.8g
たんぱく質 4.8g
脂質 0.5g
どら焼きの栄養価(100gあたり)
カロリー 284kcal
炭水化物 58.7g
たんぱく質 6.6g
脂質 2.5g
 
※参考
日本食品標準成分表2015年版(七訂)

食べるタイミングは?

食べるタイミングは?

それでは、そんな和菓子!

どんなタイミングで食べるのが良いのでしょうか?

トレーニング前

まずオススメなタイミングは、トレーニング前の1時間~30分前!

筋トレ前には、筋肉の分解を防ぐため、ある程度糖分を補給しておきたいですよね?

でも、ジムに入るまでもう1時間もない。

手元に、カーボドリンクもデキストリンもない!

そんな緊急時は、和菓子でササっと手軽に糖分補給できます。

トレーニングの後

トレーニングの後も、出来れば緊急で糖分とアミノ酸あたりを摂っておきたいタイミングですよね?

さすがに直後は、血が筋肉に集まってるので、あまり消化に良くないと思います。

それでも、消化の良い和菓子なら、筋トレ後30分前後の糖分補給に使えるのでは? 

 
ではでは、最後に増量期や減量期の注意点などについてちょっとだけ!

増量期のカロリー補充に和菓子って使える?

増量期のカロリー補充に和菓子って使える?

筋トレしている人なら、増量期でもあまり体脂肪は増やしたくないところ!

糖分のカロリーも、なるべく糖類や糖質など吸収が早くGI値が高い物を避けて、クリーンな炭水化物から摂っておきたいですよね?

さすがの和菓子でも、トレーニング前後の緊急以外には、あまりおすすめ出来ないかもしれません!

それでも脂質が少なく、洋菓子やスナック、ジャンクフードなどに比べて、体感から言うと圧倒的に体脂肪になりにくいので…

増量期なら、間食でカロリー補充みたいに使ってもOKかと思います!

減量期に和菓子を食べても大丈夫?

減量期に和菓子を食べても大丈夫?

減量期は、体感的に筋トレ前後なら大丈夫そうです!

とくに、筋トレの後は、何を食べても体脂肪になりにくいゴールデンタイムです。

減量期でもスイーツが止められないなんて方は、筋トレの30分後ぐらいにパクパク行っておけば間違いないかも?

まとめ

さてさて、少し長くなったので、この辺でまとめます!
 
筋トレに和菓子がおすすめの理由って?
お手軽
素早くエネルギーに変わる
餅や皮は腹持ちも良い
脂質が少ない
食べるタイミングは?
筋トレ前の1時間~30分前
筋トレ後30分前後
増量期でも大丈夫?
トレーニング前後、間食ともに大丈夫!
減量期でも大丈夫?
筋トレ前後なら大丈夫!
ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
こうやって見てくると、和菓子ってスイーツやお菓子の中で、一番クリーンなんですね。
トレーニーが好んで食べてるのも、納得かも?
 
この記事もあわせて読みたい↓

この記事を書いた人

ヨシ

海外起業家。バリ島のWeb通販、美容・雑貨系貿易関連会社社長。
脱サラ後、30万円と中古のノートPC1台を抱え渡バリし現在に至る。得意分野は、通販サイト構築・運営全般と海外での会社経営。趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫