筋トレ中に耳鳴り!耳がこもったり詰まった感じって大丈夫なの?

筋トレや激しい運動をしてて、急に耳鳴りがする時ってありませんか?

スクワットとかデッドリフトあたりで、重量を扱って追い込んだ時なんかとくに!

耳鳴りまで行かなくても、耳がこもったり耳が詰まったような感じになること、けっこう多いですよね。

アレって、なぜなんでしょうか?

そもそも、大丈夫なの?

って事で!
今回は、筋トレ中に耳鳴りがしたり、耳がこもったり詰まったりしたらどうする?

なんてお話を、論文などのエビデンスをもとに簡単にまとめてみましたー。

avatar

ヨシ

3分ほどで読み終わるかと思います。
どうぞ最後までお付き合いください!

筋トレ中の耳鳴りについて

筋トレで疲労困憊するカップル

耳鳴りって調べてみると、けっこう怖い事書いてありますよね?

ストレスとか自律神経とか、あとメニエール病とかでしょうか?

でも、この辺は慢性的な耳鳴りのお話!

筋トレで急に来るやつとは、ちょっと種類が違うんですよね。

ではでは、筋トレ中の急な耳鳴りの原因って、何なんでしょうか?

筋トレ中の耳鳴りの原因

じつは、筋トレ中の耳鳴りは『運動後低血圧』の症状の1つ!

負荷の激しい運動をすると、心拍数が増え、血管が膨張します。

運動をやめると、心拍数は減るのですが、血管はしばらく膨張したままになります。

すると、血圧が急に下がって、脳に血が行き渡らなくなりますよね?

その結果、脳が貧血&酸欠状態に陥って、耳鳴りやめまい、ひどい場合は吐き気や失神!なんてことになってしまうんだとか。


※参考 論文(PDF外部ファイル)
運動後低血圧症とその発生機転

筋トレ中の耳鳴りの対策

高負荷でスクワットする白人男性

ではでは、原因が分かったところで、今度は対策について!

血圧や酸欠への対処が、メインになってくるでしょうか?

ポイントは、5つあります!
POINT!
  1. 水分や塩分などの電解質をしっかり補給する
  2. 負荷の強すぎるトレーニングは行わない
  3. 筋トレ中に息を止めない
  4. インターバル時間を長めにとる
  5. クールダウンをする

1,水分や塩分などの電解質をしっかり補給する

水分や塩分などの電解質が不足すると、低血圧の原因になる場合があります。

トレーニング前後や、トレーニング中にも意識して摂るようにしましょう。

2,負荷の強すぎるトレーニングは行わない

ボディーメイク目的の筋トレの場合、重量競争ではありません!

脳貧血を起こすような強い負荷でなく、適度な負荷でトレーニングを行いましょう。

3,筋トレ中に息を止めない

筋トレ中に息を止めると、酸欠の原因になります。

プレス系の種目は息を吐きながら、ローイング系の種目は息を吸いながら動作を行いましょう。

4,インターバル時間を長めにとる

筋トレのセット間のインターバル(休憩時間)を縮めると、酸欠の原因になります。

最近主流になっている、2分~4分と長いインターバルをとるのがオススメかも?

5,クールダウンをする

筋トレが終わった後の、耳鳴りや体調不良対策には、しっかりクールダウンをすること!

そうすることで、急激な血圧の低下を防ぐことが出来ます。


※参考 論文(PDF外部ファイル)
運動後低血圧に対する水分摂取の効果

筋トレ中の耳こもりや耳詰まりの原因と対策

トレーニング後に耳をおさえる白人女性

ではでは、次は耳鳴りまで行かないケース!

耳がこもったり、くぐもった感じに詰まって聞こえることってありますよね?

アレって何なのでしょう?

じつは、これも原因は血流の問題なんです!

スクワットやデッドリフトなど、負荷の高い筋トレをすると、血液が筋肉に優先的に流れて行きます。

すると、耳の周りの器官が貧血になり、耳管という耳と鼻を繋ぐ管が、開きやすくなります。


その結果、耳がこもったり、詰まった感じになってしまう訳です。


それで、対策についてなのですが!

耳鳴りとは根本的な原因は違いますが、血流と貧血という点では同じ。

ですので、対策は耳鳴りの時と同じ!

こんな感じで対処すれば、良いかと思います!
POINT!
  1. 水分や塩分などの電解質をしっかり補給する
  2. 負荷の強すぎるトレーニングは行わない
  3. 筋トレ中に息を止めない
  4. インターバル時間を長めにとる
  5. クールダウンをする


※今回のレポートは、論文などのエビデンスを元にまとめていますが、あくまで参考にとどめてください!
耳鳴りついても、耳こもりや耳詰まりについても、一時的なもので自然におさまるケースがほとんどかと思います。
長時間おさまらない場合などは、専門医などに相談することをおすすめします。
ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
筋トレ中の耳鳴りや、耳こもり・耳詰まりは、運動による一時的な低血圧と酸欠が原因!
5つのポイントをおさえて、しっかり対策しましょう。

この記事もあわせて読みたい↓

この記事を書いた人

ヨシ

海外起業家。バリ島のWeb通販、美容・雑貨系貿易関連会社社長。
脱サラ後、30万円と中古のノートPC1台を抱え渡バリし現在に至る。得意分野は、通販サイト構築・運営全般と海外での会社経営。趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫