『SNSで儲けようと思ってないですよね?(福田淳:著)』の要約と感想!

仕事でSNSを使っていると、こんな風に感じることってないですか?

「反応がない!」「何だかむなしい。」

本やネット、セミナーなんかで、しっかりノウハウ身につけたはずなのに・・・。

「どこが、おかしいんだ?」

「何か、根本的に間違っているんじゃないか?」

そんな時にピッタリな本が、『SNSで儲けようと思ってないですよね?(福田淳:著)』

SNS運用でよくある間違いを、ガッツリ気づかせて軌道修正してくれます!

avatar

ヨシ

ノウハウ集や辞書的な本でなく
考え方を変えてくれるタイプの本です!

1番のポイントをネタバレ気味に

ポイント

ではでは!
さっそく、この本の1番のポイントをネタバレ気味に抜き出すと・・・

ソーシャルメディアが、威力を発揮する使い方とは?

「宣伝広告」としてではなく、「ブランディング」として使うこと!


ではでは「ブランディング」って何?っていうと・・・

ユーザーファーストの理念で、「他にはない」「いいもの」「いいコンテンツ」を作り続ける姿勢!

もっと平たく言えば・・・

SNSを、単に広く浅く拡散するための宣伝ツールと考えるのではなく。

「本当にいいもの」を作り続けて、それを「楽しく」伝えるためのツールとして使いましょう!


・・・ってこと!

読了後のザックリとした感想!

SNSマーケティング

読み終わった後の感想を言わせてもらうと・・・

SNS運営について、ぼんやり見えていた部分を、ハッキリ見せてくれますね。


SNSって、みんなが交流したり、思い思いの事をつぶやいたり、「趣味」や「好きなこと」を追求したりする「楽しみの場」ですよね?

ハッキリ言えば、そんな場で「宣伝」するなんてご法度です!

でも、マーケティングに関わっていると、どうしてもSNSを「宣伝広告」のツールととらえがちになってしまう。

その結果、周りが楽しんでいる中に、宣伝文句だけを一方的に発信する!

そんな、イタいアカウントになってしまう訳です。

そんな風にしてまうのじゃなく、もっとこう「好きなこと」と「仕事」を一致させて。

「好きなこと」=「楽しさ」=「いいコンテンツ」=「仕事」=「SNS」が一直線上に並んだ時。

SNSが威力と破壊力を100%発揮する!って事なんですね。


口コミや評判の内容をチェックすると、「ノウハウがない」「内容が薄い」なんてコメントもあるようです!

確かに、SNS運用時の細かいノウハウのようなものは、一切書かれていません。

でも、そんなのは、ネットで検索すれば、簡単に拾えますよね?

そんなものよりも!

単なるSNSの運用方法ではなく、これからの時代に合った「働き方」や「生き方」、ヒットを生み出す「考え方」を語って、目からウロコを落としてしまう。

その辺が、この本の良いところでは?


マーケターやSNSの担当者はもちろん、起業家や経営者、働き方を考えている人なんかには、かなり役立つのではないでしょうか?

あらすじをサクッと要約

avatar

ヨシ

ではでは!
この辺であらすじをサクッと要約しておきます。

グーグルの検索は、もはや必要ない

  • 世の中はパソコン時代からからスマホ時代へ
  • テレビの代わりに、ユーチューブやニコニコ動画
  • 雑誌の代わりに、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム
  • 情報収集もGoogleからSNSにシフトしつつある
  • ユーザーはうわっ面の情報ではなく、SNSのリアルな裏情報を求めている
  • ただし、SNSを使っても上手く行くとは限らない
  • SNSを使う前に、コンテンツのブランディングを考えるべき
  • ブランディングとは、ユーザーファーストの理念を持って、ただただ「いいもの」「いいコンテンツ」にこだわること

儲けを考えない。すると、儲かる時代

  • 経済のしくみは「自分ファースト」ではなく「ペイ・フォワード」
  • 「ユーザーファースト」の視点は、みんなでいいことをするというSNSの特性にピッタリ
  • 社会の問題点を解決する、ソーシャルデザイン的なビジネスを展開すべき
  • SNSユーザーは、自分だけ豊かでも、他の人全員が貧しかったら豊かじゃないと気づき始めている

SNSヒットのネタは、こう探す

  • 「好き」と「やりたい」を統一しよう
  • 「土日」の自分で「月~金」も過ごそう
  • SNS を有効活用したりブランディング力をつけるには、自分の「好き」や「興味」「関心」を深掘りする
  • 自分の「好き」に常に敏感でいることが最良のマーケティング
  • ネット情報はすべて二次情報なので、「街」に出て一次情報をゲット
  • 「街」で「自分で」拾い上げた情報を整理しアウトプットする力を身につける
  • 「ググっても出てこないもの」「本当にいいもの」をどう見つけいかに伝えていくか
  • 外に出て人に会い、夜遊びもする→素振り&打席に立つこと

SNSの「バズらせ方」

  • 今若者はスマホの画面の前にいる
  • ソーシャルメディア時代においては、人こそが「メディア」であり「コンテンツ」
  • 広く浅くではなく狭く深く
  • ライブラリーよりもライブ
  • アメリカの10代に「セレブは誰?」とアンケートしたら、トップ5がユーチューバー
  • 「バイラル CM」 や「人をメディアにする」方向にアメリカではシフトしている
  • 「Web 動画」をバズらせる、トランプのような「ソーシャルスター」etc.
  • 中の人の素性を見せる
  • 今はない要素を探す
  • ただ「全く新しいオリジナルのアイディア」は難しいので、組み合わせを考える

最後に一言だけ&まとめ

っとこんな感じで、著者の福田さんの「仕事観」や「人生観」が簡単な言葉でまとめられています。

SNSをバズらせたいなら、まずはコンテンツに徹底的にこだわらなきゃね!

その前に、そもそも「働き方」や「生き方」を、「いいもの」や「好きなこと」に一致させなきゃね!

仕事とプライベートで、心を着替えているようじゃ、まだまだダメだね!


株式会社ソニー・デジタルエンタテイメントの創業社長でもある著者の、本物らしいシンプルなメッセージ。

しっかり、受け取れる本だと思います!

SNSで儲けようと思ってないですよね?
福田淳(著)
世の中を動かすSNSのバズり方

その他の読書レビュー一覧はこちら↓