『ハッタリの流儀(堀江貴文:著)』の要約と感想をまとめてみた!

AIやロボットが発達する、これからの時代!

ボク達人間は、どんどん労働から解放されて行きますよね?

そんな時代にめちゃくちゃ大切になるのが、じつは「ハッタリ」だってご存知でしたか?

「えっ?ハッタリって、あのホラを吹くこと?」

「いやいや、何それ?意味分からないんだけど!」

なーんてツッコミが入りそうですが…

じつはソレ、本当なんです!

『ハッタリの流儀(堀江貴文:著)』は、この時代に必須の正しい「ハッタリ」のかまし方についてまとめた本!

avatar

ヨシ

ホリエモン独特の、切れ味鋭い視点。
めちゃくちゃ勉強になります!

1番のポイントをネタバレ気味に

ポイント

ではでは!
さっそくこの本の1番のポイントをネタバレ気味に抜き出すと・・・

これからの時代、「お金」に続く新たな貨幣は「信用」と「影響力」である!

この「信用」と「影響力」を得るためには、絶対的に「ハッタリ」が必要になる!

もちろん、ただただ「ハッタリ」をかましておけば良いって訳じゃありません。

「ハッタリ」の実況中継!とでも言うんでしょうか?

デカい「ハッタリ」をかました後に、必死の「努力」と「行動」で、傷だらけになりながら「辻褄合わせする」姿を世間にさらす!

この挑戦ストーリーが「コンテンツ」になり。

この「挑戦コンテンツ」こそが、「信用」と「影響力」に繋がる訳です!

正直、「ハッタリ」が実現できなくても、「今回の挑戦は失敗でした!というコンテンツ」で、それはそれで成立しちゃうんですよね(笑)

要は…

ハッタリかます→必死でチャレンジする→実況中継する

これだけでOKって事!

読了後のザックリとした感想!

出来なくてもハッタリかまして、出来るって言う!

読み終わった後の感想を言わせてもらうと・・・

とにかく、メチャクチャ勇気をもらえる本!

ちょっとレベルが違い過ぎておこがましいのですが、ボクの場合もやり方が堀江さんに似てるとこがあるんですね。

いつも、大きな「ハッタリ」カマしてちゃって、後から必死で何とかしようとするタイプ!(笑)

ただコレやると、周り中から総攻撃食らうんですよね…日本の場合とくに(汗)

「また変なこと言ってる!」とか「いい加減大人になれ!」とか。

ヒドいのになると「ついに、頭がおかしくなった!」なーんて(笑)

こういうパターンが続くと、正直けっこう傷つくんですよね?

「俺、何か間違ってるのかな?」「でも、他にやり方知らないし…。」なーんて。

でもこの本は、そんな迷いを吹き飛ばしてくれます!

「ハッタリ」こそ正義!

「ハッタリ」こそが「信用」と「影響力」!

「アンチ」なんて、居て当然!

逆に「アンチ」こそが、コンテンツの原動力!

「大人」になんてならなくて良い!

さすがホリエモン、気持ち良いーって感じでしょうか?
( ̄∇ ̄+) キラーンッ

あらすじをサクッと要約

avatar

ヨシ

ではでは!
この辺であらすじを、目次にそってサクッと要約しておきます。

労働オワコン時代

  • 人間がやっていた労働は、AI が取って代わり、労働がオワコンに
  • 人間は時間が余り、 ロマンある夢を見たり、人の夢を応援したくなる
  • 働かなくてもいい世界では、遊びを極めることが収入になる
  • ビジネスや金儲けが得意なだけの人は、価値が下がる
  • 今の時代、手元に資金がなくても、ハッタリに魅力があれば、ノリでお金は集まる

ボケの時代

  • お金を集める方法は、損得抜きに好きなことに没入すること
  • 後先考えずに、全力でボケている人が最強
  • 「役立つ・意味がある」というモノサシを捨て「面白い・心が動く」で行動しよう
  • やりたいことにハマり無謀なことに挑戦し続けると、人と金が集まる
  • 挑戦の過程を、SNSなどで発信し続けることが大切
  • 可処分所得の奪い合いから可処分時間の奪い合い、そして今可処分精神の奪い合いの時代へ
  • これからの時代「お金持ち」より「共感持ち」のほうが価値がある
  • ファンがいなければ勝負の土俵にも上がれない時代、恥ずかしがらず人生さらすべき
  • ビックリするようなハッタリを掲げて、ほっとけない存在になろう
  • 挑戦すること自体がコンテンツで、失敗もエンターテイメント
  • お金はどんどん使って、自分の経験に変えていく
  • その経験値が大きなハッタリをかます器になる

プレゼン術よりハッタリ力

  • プレゼンは資料作りよりも、相手を選ぶ方が大切
  • プレゼンで大切なのは、事前に相手のことを調べておくこと
  • そして「面白い奴だな」「話に乗らないと損」と思わせること
  • 業界の裏ネタや儲けのカラクリのようなネタを盛り込む
  • 相手の興味を引きつけてから、提案に入る
  • 面白い人と会いまくり、 常に面白いネタを持ち、自分が面白い人間になるべき
  • プレゼンの資料は、単なる目次程度でいい

ハッタリ人間が捨てるべき三つのもの

  • 自信を持ってハッタリをかますため、まずは「こうあるべきという常識」を捨てよう
  • 30年以上も前の「親の教え」を捨てよう
  • 大恥をかくのが最大のプロモーション!「プライド」を捨てよう

ハッタリの後始末

  • 大切なのは、ハッタリをかました後に必死で辻褄を合わせること
  • 走りながら学び、分からないところは調べて乗り越えるという見切り発車が大切
  • 今の時代、ノウハウはタダ同然で手に入るので、行動する人が最高に得をする
  • すでにうまくいってる方法をパクるのは、基本中の基本
  • ただしパクっても、本家を超えることはできない
  • パクったら改善を続けて、徐々にオリジナリティを出していくべき

それでもハッタリをかませない良い人な君へ

  • ハッタリ人間たちは「きっと自分だったらできる」と信じてる
  • まずは自分に向かって「自分ならできる」とハッタリをかまそう
  • チャンスは全ての人の前に平等に現れる
  • チャンスをつかめる人と掴めない人の違いは、ノリよく飛びつけるかどうか
  • 目の前にチャンスが来たら、迷わずノリで動け
  • ハッタリは「出来る」と言い切って、辻褄を合わせる「覚悟」を表している
  • 「出来る」と断言する「覚悟」こそが、「信用」になる

「努力」という最大のカラクリ

  • 人生には、「足し算の段階」と「掛け算の段階」がある
  • 泥臭い努力で、小さな成功体験を積み重ねるのが「足し算の段階」
  • 突き抜けて名の知れた人物になれば 、何をやってもうまくいく「掛け算の段階」
  • 努力は始めは確かに苦しいし面倒くさい
  • ただし本当の努力の段階は、ゾーンに入ってしまって楽しくて仕方ない状態
  • 世間で言う「大人」とは、諦めて思考停止するのを無理やり納得すること
  • 世間はあなたに「大人になれ!」と圧力をかけてくるが、折れずに前へ進め!
  • あなたに出来ない事は何もない!

最後に一言だけ&まとめ

いやー、良いですねー。

口コミや評判の内容をチェックすると、「内容が薄い」とか「ホリエモンネタ切れ?」なんて意見もあるようですが。

ボク的には、メッチャ有益で秀逸な本だと思います!

とくに気に入ったフレーズは…

人間の能力なんて、みんなそれほど変わらないのに、なぜこんなに結果に差が出てしまうのか?

それは…

今できない事をやれると言い切って期待を集め、期待を裏切らないように必死で「努力」したかどうか?

正直、こういう無茶な挑戦をし続けると、笑われたりバカ扱いされることも多いです!

でも、バカでOK!ずっと子供のまま挑戦し続けよう!

そんな風に思わせてくれる本でした!

すでに挑戦をし続けてる人にも、これから挑戦してみようかな?という人にもオススメかも?
ハッタリの流儀
堀江貴文(著)
ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法
 
その他の読書レビュー一覧はこちら↓

この記事を書いた人

ヨシ

バリ島と日本で会社経営。脱サラ後30万円とPC1台を抱えバリ島へ→貧乏マーケター→美容&雑貨の貿易会社PT.Jepun設立→日本で化粧品販売会社『ピュアノーブル』設立、オーガニック化粧品ブランド『マザーウッドシリーズ』立ち上げ◀️今ココ◇趣味はバイクと筋トレ。お酒とお笑い番組と映画をこよなく愛します。
起業/経営/バリ島/筋トレ/ラーメン/グルメ/日本酒/読書/歴史/バイク/猫

data-restrict-data-processing="1">