『ビジョナリーカンパニー3(ジム・コリンズ著)』は、名著『ビジョナリーカンパニー』の第3作目!

『凡庸』から『偉大』へとブレイクした企業の中で、衰退してしまう企業があるのはなぜなのか?

そして、『偉大さ』を持続している企業と、衰退してしまう企業の違いは何なのか?


その辺りの違いを客観的にまとめたレポートです!


bj3


衰退と聞くと、モチベーションや出力・開発力の低下など、『努力不足』や『怠慢』をイメージしてしまいますよね?

でも、そこは『規律の文化』で育った『偉大な企業』の社員達!

もとより怠慢な人間などいるはずもなく、「ベストを尽くさなければ気が済まない」という性質のままにフル加速を続けます!

ただ、問題は、大きな成功で自信をつけ過ぎ、『傲慢』という魔が差してしまった事。


まずは、「もっと成長のスピードを上げても行ける!」とか、「不得意分野でも勝てる!」という『規律のない拡大路線』が始まります。

いくら優れた人材だらけの会社でも、「オーバーペースの状態」や「不得意分野」で勝てるはずもなく、失策が続きます。

それでも、「自分達がミスるはずがない」という傲慢さが邪魔をして、現実から目を逸し続けます。

そして、衰退が誰の目にも明らかになった時、愚かな自信にすがりついたまま、一発逆転の大きな賭けに出ます。

もちろん「不得意分野」で一発逆転など出来るはずもなく、最終的にキャッシュフローがどんどん悪化して、倒産か買収、弱小企業に転落して行く訳です。


まとめると、こんな感じでしょうか?

『成功から生まれる傲慢』→『規律なき拡大路線』→『リスクと問題の否認』→『一発逆転の追求』→『屈服と凡庸な企業への転落か消滅』


さらに詳細を見てみると・・・


第一段階 成功から生まれる傲慢
成功から傲慢になり、自分達の長所と能力を過大評価し始めたときから転落が始まる。
つまり、『第5水準』の特徴でもある『謙虚』から、『傲慢』への企業文化の堕落!
それが第一段階の兆候という感じでしょうか?


第二段階 規律なき拡大路線
「われわれは偉大で、何でもできる」という方向に、『傲慢』さのベクトルが向いた時、第二段階が始まる。

『規律なき拡大』には、以下2つのパターンがある。
1,得意分野の一点突破という「針鼠の概念」を忘れ、基幹事業以外の世界一になれそうもない分野に次々に手を染める。
2,基幹事業に注力しながらも、人材が育つ以上のオーバーペースで成長した結果、組織は停滞どころか衰退してしまう。


第三段階 リスクと問題の否認
不得意分野へ力を注いだり、オーバーペースで成長を続ければ、当然さまざまな失敗や衰退の兆候が出て来ます。
これらの兆候を無視し始めると、第三段階に突入します。

「私たちが失敗するはずない」という『傲慢』さから、『厳しい現実を直視する』という『規律ある考え』を失ってしまう訳です。


第四段階 一発逆転の追求
現実を直視出来ないため、問題は解決されず、何度失敗しても「拙速な成長」や「不得意分野への進出」を続けた結果、この段階になると誰の目にも企業の衰退が明らかになってきます。
この段階が最後の分かれ道になります。

『第5水準のリーダー』をトップに据え、『傲慢』さを払拭し『規律の文化』に戻り、得意な一分野に注力し、地道な成長路線をとるならば、回復の可能性があります。
ただし、焦ってカリスマ性のあるリーダー(第4水準のリーダー)をトップに据えて一気に解決を図ろうとしたり、一発逆転のリスキーな事業に手を出し始めたりすると、企業はさらに衰退します。


第五段階 屈服と凡庸な企業への転落か消滅
第四段階が長引けば長引くほど、一発逆転にこだわり失敗を繰り返せば繰り返すほど、現金を使い尽くしキャッシュフローが悪化します。

多少現金が残っているうちに『第5水準のリーダー』がリーダーシップを握れれば、まだ少し望みがあるが、現金が残り少なくなれば、回復の望みは無くなる。
結果、倒産か買収、弱小企業として生き延びるという形になる。


いやー、本当に身につまされますよね?

くれぐれも、こんな事にならないように、常に『謙虚』さを心がけ、衰退の兆候を見つけ次第『規律』と『針鼠の概念』に戻る!

そんな経営をして行きたいものです。


最後に、付録五にある『主要なポストに適切な人材の条件』は、採用や教育の指針に大いに参考になりますので、ぜひ手にとって読んでみてください!


前作『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』の要約と感想はコチラ >>