加茂錦の荷札酒 黄水仙は、シュワッと甘酸っぱくてスッと切れウマ!

最近、若手の杜氏が醸す日本酒を物色しています。

その中でも、お気に入りの1つが、今回レポートする『加茂錦 荷札酒 黄水仙』

avatar

ヨシ

うーん。
これこれ!


「荷札酒」は、2016年に大ブレイクした新潟の酒蔵「加茂錦」の新ブランド!

この荷札酒シリーズが、加茂錦の名前を全国レベルに押し上げました。

杜氏はナント、1992年生まれのまだ20代!

蔵元である父と、研究と試作を重ねて、放ったのが大吟醸を基準モデルとする荷札酒シリーズ!

目指すのは「アルコールを感じさせない柔らかくスムースな飲み心地のお酒」

荷札酒のどの銘柄を飲んでも、このラインは守られているのですが。

その中でも!
黄水仙は、やっぱり格別かも?

って事で、さっそく飲んでみると・・・

飲み口&感想

お猪口に注いだ日本酒

『むむっ』
『うっ、ウマイーッ!』


香りを嗅ぐと、華やかでちょっと青りんごのような香り!

口に含むと、まず「シュワシュワ」と軽い微発泡感。

つぎに、甘酸っぱいフルーティーさが、「ぶわっ!」と口中に広がります。

そして、喉元を過ぎると、スッっと心地よく切れて。

最後にフワッと柔らかい苦味の余韻。


『ふーっ・・・。』

いやー、ウマイですねー。

ホントよく出来てます!

13度の低アルコールタイプで、水のようにスイスイ入ってしまうのですが、水っぽい感じは一切しません!

低アルって言われないと、気づかないぐらいかも?

口コミやレビューなどを見ると、『若いマスカット』なんてコメントもチラホラ。

でも、ボク的にはフレッシュなリンゴのような印象でした。

avatar

ヨシ

まいうー

日本酒データ

加茂錦 荷札酒 黄水仙 純米大吟醸生酒ver.6 雄町

今回飲んだ黄水仙は、ver6.2雄町!

荷札酒は、ver6.1やver6.2などの細かいバージョンアップを繰り返して行きます。

まるで、パソコンのプログラムのようですよね?

それも、そのはず!

じつは、若き杜氏は、元々プログラマーなんです。

こんな粋な遊び心も、お酒を美味しくしてくれそうです。


加茂錦 荷札酒 黄水仙
純米大吟醸生酒ver.6 雄町
蔵元:加茂錦酒造(新潟県加茂市)
酒米:山田錦(麹米)雄町(掛米)
精米歩合:50%
日本酒度:非公開
酸度:非公開
アルコール度数:13度
その他:29BY

ヨシ的評価!

ではでは最後に、勝手に評価してみます!

加茂錦 荷札酒 黄水仙 純米大吟醸生酒ver.6 雄町のヨシ的評価は・・・
ヨシ的評価
4.4

avatar

ヨシ

荷札酒の黄水仙は、シュワッと甘酸っぱさが広がってスッ!と切れる。
フレッシュな青りんごを思わせる、キレイな味の日本酒です。


この記事もあわせて読みたい↓