磐城壽 純米酒は、丸くて優しいのに辛くて力強い「男の祝い酒」

先日、お祝いごとの時に、美味そうな日本酒を頂きましたー。

それが『磐城壽(いわきことぶき) 純米酒』

avatar

ヨシ

良いねー。
レトロなラベルがそそります!


磐城壽は、福島県浪江町の鈴木酒造店の代表銘柄!

海が目の前という珍しい酒蔵が醸す酒は、古くから漁師の「振る舞い酒」「祝い酒」として親しまれて来ました。

『磐城壽』という目出度い名前も、この辺りが由来のようです。

東日本大震災の際には、この立地が災いして、蔵の全ての建物が流出!

山形県の長井蔵で、見事復活を果たし、今も「海の男の祝い酒」を醸し続けています。

『磐城壽 純米酒』は、この銘柄のド定番アイテム!

自然な味と香りを意識した日本酒なんだとか。

って事で!
ウンチクはこのくらいにして、さっそく飲んでみると・・・

飲み口&感想

日本酒を注いだおちょこ

『おーっ』
『こりゃ、スゴい!』


まずは香りを嗅ぐと、上立香はちょっとヨーグルトの乳酸に麹を混ぜたような感じ。

酸味が立ってる酒なのかな?
なーんて思いながら、口に含むと・・・

めちゃくちゃ丸くて優しい米の甘みが、口の中に広がります。

おやおや?
どこが海の男の酒なんだ?なんて思った瞬間!

ギューンッと、喉と舌の奥が締まるような辛さが来ます。

そしてそのまま、かすかな苦味&酸味とともにスッと切れて行く。

avatar

ヨシ

ほほーっ。
2回ウラをかかれる感じ?


「優しいのに、切れる!」
「穏やかなのに、力強い!」


これぞ、男の祝い酒!
ザ・日本酒といった感じでしょうか?

華やかな吟醸香も良いけど、こういうドッシリしたお酒も良いですねー。

どんな料理にも合いそうだし、飲み飽きしないので、食中酒に良さそう!

とくに、刺し身や焼き魚に合いそうだなー。

常温でもウマいけど、ぬる燗にすると、米の旨味が際立ってさらにウマいです!

日本酒データ

磐城壽 純米酒720ml

磐城壽 純米酒
蔵元:鈴木酒造店(福島県双葉郡浪江町/山形県長井市)
酒米:酒造好適米/出羽蝶々(麹米・掛米)100%
精米歩合:65%
日本酒度:+5
酸度:1.6
アルコール度数:15度
その他:火入れ

ヨシ的評価!

ちなみに、この酒!

年間通して3~5℃の雪室で、1年間大切に熟成してから出荷しているそうです。

丸い口当たりは、この辺りにも理由がありそうですね?

それと、小ロットで作っているので、ロットごとに酒米が変わることがあるようです。

ボクが飲んだのは、出羽蝶々100%でした。


ではでは最後に、勝手に評価してみます!

磐城壽 純米酒のヨシ的評価は・・・
ヨシ的評価
4.0

avatar

ヨシ

磐城壽 純米酒は、丸くて優しいのに辛くて力強い「男っぽい酒」!
祝い酒としてはもちろん、普段飲みの食中酒にもオススメです!


この記事もあわせて読みたい↓