バリ島で求人や仕事を探したり、働くにはどうする?(まとめ)

バリ島でその辺をふらふらしていると、「バリ島で働くにはどうすれば良いの?」な~んて聞かれる事が良くあります。

日本のように、雑誌やネットに沢山の求人や仕事が掲載されている訳でもありません。

ましてや、ビザや移住など、いくつかの壁が存在するので、さらに煩雑になってしまって「どうすれば良いの?」という話になるんだと思います。

っという事で、バリ島で働くにはどうする?っという事で、バリ島の求人募集や仕事事情についてまとめてみました。

まずは、一番最初に聞かれる根本的な疑問から・・・

日本人でも求人や仕事ってある?

バリ島での求人の話で、ほぼ一番最初に聞かれるのがこの質問!

「日本人でも、仕事ってありますか?」

これに対して、ボクはいつもこんな風に答えます。

「もちろん、あります!」
「その辺は、心配ないですよ。」


バリ島なので働いてるのはバリ人が多いし、外人だとオーストラリア人やら中国人が多いので、そのあたりの求人の方が多いと思います。

でも、日本人の募集もけっこうありますので、その辺はまず心配ありません!



日本語しか出来ないけど大丈夫?

その次に聞かれるのが、この質問でしょうか?

「日本語しか出来ないけど、それでも求人や仕事ってあります?」

これも、意外に大丈夫!

もちろん生活していくうえで、最終的にインドネシア語か英語は身につけなければならないと思います。

でも!
はじめは、日本語しか出来なくてもOK!という求人も意外にあるので、これもあっさりクリア出来ると思います。

どんな種類の求人や仕事があるの?

これは、ザックリ分けると4種類!

観光関係、ウェディング関係、美容関係、資格系の仕事が多いようです。

それぞれの詳細は、下記の感じでしょうか?

観光関係の仕事

  • ホテル
  • 旅行会社
  • アクティビティ
  • 海・マリン系

ウェディング関係の仕事

  • ウェディング
  • ヘアメイク
  • ネイリスト

美容関係の仕事

  • 美容師
  • スパ
  • エステ
  • マッサージ
  • セラピスト
  • ヨガ関係

その他資格系の仕事

  • 看護師
  • 日本語教師
  • 幼稚園などの保育士

給料の相場はどれくらい?

ホテルのフロント

バリ島の給料の相場ですが、それこそピンからキリまであるといった感じでしょうか?

初任給の相場は、特殊なスキルがなければ、400万ルピア(3万5千円)~600万(5万2千円)ぐらい。

言葉も出来ず、即座に会社の売上に貢献するスキルがなければ、この相場程度の額になります。

ただし、売上に貢献するスキルがある場合は、一気に何倍にも跳ね上がる傾向があります。

セールスマネージャーなど、初任給が高い仕事もありますが、このタイプの仕事はたいていノルマがあって、達成出来なければ1年で契約を打ち切られてしまうので注意が必要です。

現在の給料の相場について、しっかりまとめられているページがありましたので、一部引用&シェアさせて頂きますね。

職種 賃金
バリ島の最低賃金 400万ルピア(約3万5千円)
ホテルのゲストリレーション 600万ルピア(約5万2千円)~1,200万ルピア(約10万円)
スパのゲストリレーション 400万ルピア(約3万5千円)~600万ルピア(約5万2千円)
旅行代理店の事務、カスタマーサービス 400万ルピア(約3万5千円)~700万ルピア(約6万1千円)
ウェディングプランナー 600万ルピア(約5万2千円)~1,000万ルピア(約8万7千円)
ウェブデザイナー 500万ルピア(約4万3千円)~1,000万ルピア(約8万7千円)
フォトグラファー 700万ルピア(約6万1千円)~1,000万ルピア(約8万7千円)

求人募集や仕事はドコで探せば良い?

求人募集や仕事探しについては、基本ネットか現地バリ島に行って新聞やフリーペーパーで探すか、在住者のツテを辿ってという形になります。

ネット上では、下記の3つの求人サイトで探すのが早道かと思います。

バリ島の仕事が見つかる求人サイト

バリジョブ
http://www.balijob.info/

海外求人WORLD POST
http://www.worldpost.jp/

カモメアジア転職
http://kamome.asia/

ビザについて

バリ島に年単位で滞在するには、KITAS(キタス)というビザが必要なのですが、コレがまた就職しないともらえないんです。

つまり、日本に居ながらにして、就職を決めてしまうか、バリ島に観光ビザで入って、仕事を探すかの2択になる訳です。

バリ島のビザ事情は、現在こんな感じになっています!
(2018年4月現在)

日本からの観光客の場合、現在ノービザ(無料)で入国が可能です。

ただし、ノービザの場合は30日間しか滞在できません。

30日以上の滞在を希望される場合は、入国時にVisa on Arrive(VOA)というビザを取得し、さらに延長申請することで60日間の滞在がOKになります。

60日間では足りない!という方は、ソシアルブダヤビザ(文化交流ビザ)を取得すれば最長180日間滞在が可能になります。

※ただし、このソシアルブダヤビザは、インドネシア国外にある領事館でないと取得できませんので、取得する時は1度国外に出なければなりません。

さすがに、これぐらいの期間があれば、仕事も見つかるかな?と思います。

ただし、バリ島みたいなリゾートでの仕事だから、まあ、簡単だし、楽に見つかると思ったら大違いです。

仕事は、ドコに行っても世界中同じです!

って言うよりも、バリ島では、日本式ではなく外資式が普通ですので、完全な実力主義です!

スキルや実力に応じて、ギャランティーは数倍から、数十倍もの差が付いてしまう事が普通です。

手に職がないと、仕事が決まらなかったり、ギャランティーが極端に安くなってしまったりしますので、この辺の見通しをしっかり付けてから、渡バリされるのが良いかと思います。

移住について

さてさて、仕事を見つけて、ビザの見通しも立ったら、今度は移住についてです。

当面は、住む場所という事になりますよね?

この辺は、就職する会社側に協力してもらって探すのがベストだと思います。

会社によっては、寮形式に貸し出してくれる所もあると思います。

もし、自分で探すとしたら、最近では、不動産屋なども多く見かけますし、フリーペーパーなどにも多くの貸家・レンタルハウス情報が掲載されています。

また、スーパーマーケットや外国人が集まるレストランなどの掲示板に貼ってあったりする場合もあります。

はじめは、ロスメンなどに泊まりながら、予算や間取り、環境など好みに応じて探して行くと良いかと思います。

Q&A

最後に、その他に良くある質問や疑問を、FAQ形式でまとめてみました!

Q1 男性の求人が少ないと聞いたんですが、男でも仕事ありますか?

あるにはありますが、女性に比べて圧倒的に募集が少ないので、ちょっと探すのに苦労するかもしれません。


Q2 ウブドエリアでも、求人はありますか?

南部エリアに比べて少ないですが、定期的に募集もあります。

まとめ

さてさて、「バリ島で求人募集や仕事を探したり、働くにはどうする?」という事で、ザックリとお話して来ましたが、いかがでしたか?

傾向としては、日本人でも日本語しか出来なくても、案外仕事は見つかる!

ただし、会社への売上貢献に繋がるスキルを身に付けていないと、給料は安くなってしまう!

つまり、基本的には状況は日本と同じですが、バリ島の場合は、それが極端に出るという風に考えておけば間違いないと思います。


ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
バリ島は、求人情報も豊富で仕事も案外すぐ見つかるよ!
ただし、日本以上にスキルが大切。
しっかり『手に職』を付けてから渡バリした方が、生活は安定するよ!


あわせて読みたい!↓