バリ島に新たな交通機関 JTBがシャトルバスを運行!

JTBが明日4月1日から、バリ島でシャトルバスを運行するそうです。

バリ島のシャトルバスと言えば、今まで幾多の会社が参入して来ましたが、
現在運行を続けているしているプラマ社以外は、全て撤退して来た経緯があります。

はてさて、今回は・・・?


【インドネシア】JTB、4月からバリでシャトルバス運行
NNA 3月28日(金)8時30分配信
JTBは27日、4月1日からバリ島で観光客向けのシャトルバスを運行すると発表した。アジア有数のリゾート地として、今後も拡大する旅行者の需要を取り込む考え。2017年3月期までに13万人の利用を目指す。

運行するのは、観光の中心地であるクタやレギャン、ウブドのほか、主要ホテルがあるヌサドゥア、ジンバラン、サヌールなどの各地区と免税店を結ぶ7路線。29人乗り7台、12人乗り15台の計22台を用意した。
運行間隔は30分~2時間ほど。社内には公衆無線LANサービス「WiFi(ワイファイ)」や情報を提供するモニターを備え付ける。
運賃は、1回乗車券で1万~7万ルピア(約90~630円)、1~7日間の乗り放題券で12万~38万ルピア。プリペイド(前払い)カードを9万5,000ルピアから販売する。世界各国の旅行会社やバリ島のホテルなどのほか、ウェブサイトで販売する。
昨年7月に設立した現地法人クラクラ・インドネシアがマーケティング活動や路線の設定を担当。運行は現地のタウォンマス社に委託する。現法の資本金は250万米ドル(約2億5,500万円)で、JTBグループが92%を出資。従業員約60人の体制で事業を開始する。
JTBはシャトルバス事業を米国のハワイとグアムで展開しており、バリは3カ所目となる。バリ島でシャトルバスが運行されるのも初めて。
インドネシアの中央統計局によると、バリ島への外国人旅行者は13年に324万人。JTBは20年に450万人に増えると見込んでおり、現行はタクシーやレンタカーでの移動が主流の現地で新たな需要を開拓する考えだ。
JTBはこのほか現地で1991年に設立したJTBインドネシアがある。今年4月時点の従業員数は約120人。バリ本店とジャカルタ支店の2拠点体制で、2013年3月期の売上高は3,147万米ドル(約32億円)だった。
http://megalodon.jp/2014-0331-1008-03/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000005-nna_kyodo-asia


バリ島の交通手段は、島民なら日本のスクーターの形をしたカブタイプのバイクがメイン。
それ以外は、裕福な層なら車を持っていて、そうでない場合は、自転車とベモと呼ばれる乗り合いバスを利用します。

バリ島のバイク

バリ島のバイク



ベモ

ベモ


リピーターや長期滞在者の中には、バイクをレンタルしたり、
ベモに乗ったりする人も居ます。

でも、一般の旅行者の場合は、ちょっと敷居が高いので、
タクシーを使うか、車をチャーターしてしまうのが一般的です。

で、やや旅慣れた人やバックパッカーが使うのが、
プラマバスという色分けになっていました。

ですので、プラマバスは私達がイメージするバスではなく、
古めかしくて、エアコンが効かず、排気ガス臭い感じのバスです。


プラマバス

プラマバス



こんな感じですので、バリ島の交通機関は、
イマイチ旅行者に優しくなかった訳です!

きっと、旅行者用のシャトルバスは、プラマ社のように、
よほどお金をかけないように運営しないと難しいから、撤退が相次ぐんでしょうね?

でも、今回はJTBさんですので、シャトルバス単体の収益というよりも、
旅行者に優しい環境を作る事で、バリ島への送客を増やしながら収益に繋げる!

そんな感じでシャトルバスを見ていると思うので、
ずっと運行を続けて行くんだろうなーなんて勝手に思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ