優しいのに濃いウマ!鶏料理せん吉の鶏白湯らーめん

千葉市と言えば、なかなかのラーメン激戦区!

パッと思いつくだけで、名前の知れた有名店がけっこうあります。

そんな中で、専門店でもないのに、めちゃくちゃウマいラーメンを出すお店があるんです。

それが『鶏料理 せん吉』です!

せん吉は、その名の通り、本来は水炊きや焼き鳥などを得意とする鶏料理屋さん。

なんでも、夜のコースのシメで出していたラーメンが、大評判になって。

「ランチでも食べたい!」という声に押されて、ランチ提供をはじめたんだとか。

そんな、本格鶏料理屋のラーメンってどんなの?

avatar

ヨシ

そこで今回は!
鶏料理せん吉をレポートして来ましたーっ。

いざ鶏料理せん吉へ!

高級感漂うせん吉の入り口

っという事で、いざ鶏料理せん吉へ!

国道51号線を千葉市街の中心から、佐倉方面に向かいます。

知事公舎の手前、道場坂下の信号を右折すると、右手になんとも趣深いお店が見えてきます。

外観は、京都の料理屋を思わせる感じでしょうか?

ラーメンを食べに行くには、ちょっと敷居が高く感じるかも?

駐車場はお店の前に5台ほど!

たっぷりとは言えませんので、車利用の方は、12時より少し早めに入った方が良いかもしれませんね?

メニュー

せん吉のメニュー

せん吉のメニューは、超シンプル!

『鶏白湯らーめん』のみしかありません。

お味は『塩』と『醤油』の2種類!

コレに、トッピングを選んで、餃子やごはん類、デザートなどを付ける感じになります。

鶏白湯の醤油も、珍しくて良いのですが、ボク的にはやっぱり塩が好み!

今回は、お店もイチオシの特製塩らーめん(全部のせ)をオーダー!

サイドメニューの餃子がまた、スープ付きの水餃子で、めちゃウマなんですよねー。

こちらも捨てがたいのですが、今回はパス!

感じの良い女性店員さんにオーダーを通して、待つこと数分・・・。

鶏白湯らーめん(塩・全部のせ)登場ーっ!

せん吉の鶏白湯らーめん(塩)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ちゃっ、着丼ーーーーーっ。


うーん、何とも言えない良い香り!

具の方は、チャーシューと煮玉子を中心に、白キクラゲ、かまぼこ、かいわれ、のり、白ネギといった感じ。

うまそーーっ。


一見こじんまりした、漆器のような丼に盛られての登場です!

じつはこの器、今の価値にすると1個ウン万もするんだとか。

軽いうえに冷めにくく、持った時に手も熱くない!

この辺りにも、店主さんの料理屋らしい粋な心遣いが、見え隠れしてますよね?

スープ

せん吉のスープ

スープは、白濁してていかにも濃厚そう!

でも、軽くすすってみると、あれ?意外にさっぱりしてる?

中心にあるのは、もちろん濃厚で丸い口当たりの鶏の旨味!

それを、野菜系の出汁でしょうか?ほんのり優しい風味が包み込んでいます。

そして、やや強めながらも、やっぱり柔らかくて丸い塩味がスープを締める。

ウマイッ!

白湯なので、濃厚ではあるのですが、見た目よりサッパリで優しい味に仕上がっています。

せん吉の麺

麺は低加水、細~中細のストレート麺。

ほんの少しだけ、縮れがある感じでしょうか?

スープのからみが良く、バランスも良い感じ!

やや固めに茹でられた麺は、ツルツル~っと入って。

あっという間に、なくなってしまいます!

ヨシ的評価

らーめんに付いてくるのは、なんとバケット

そして、せん吉のユニークなところは、ココからなんです。

らーめんのお供に付いてくるのは、なんとバケット!

コレを、残ったスープに浸して食べるんです。

この辺りは、好みが別れるかもしれませんが、ボク的にはアリ!

って言うよりも!
ヒタヒタになるほど浸して、ペロリッと食べてしまいます(笑)


完食

完食ーーーっ!

ふーっ、ウマかったー。

ホント大満足ですっ!


ではでは最後に、勝手に評価してみます!

鶏料理 せん吉は・・・
ヨシ的評価
4.1

avatar

ヨシ

濃厚なのに、優しくて丸いお味は、せん吉ならでは!
食べてしばらく経つと、また食べたくなってしまいます。


※ちなみに、らーめんの提供は、ランチのみとなってますので、お間違えのないように!

アクセス

せん吉の入口

店名 鶏料理 せん吉
住所 千葉県千葉市中央区道場南2-15-4
電話番号 043-227-9500
定休日 月曜日
第3火曜日
営業時間 11:00~14:30
17:00~22:00
(らーめんはランチのみの提供)
予約 予約可
駐車場
約5台



この記事もあわせて読みたい↓