『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか(鳩山玲人:著)』の要約と感想をまとめてみた!

仕事で色んな人に会っていると、こんな事あると思うんです!

avatar

同僚

おいおい、何だあの人?
化け物か?

だよな。
アレ、どうやってやり切ったんだ?
普通、絶対無理だろ?

avatar

ヨシ


『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか(鳩山玲人:著)』には、この辺の答えがしっかりまとめられています!

著者の鳩山さんは、ハッキリ言えばまさにこういった種類の化け物!

三菱商事から、経営が傾きつつあったサンリオに移籍し、ライセンス事業を軸にして一気に立て直してしまいました。

そんな桁外れの結果を出す人は、普段何を考え、どんな風に仕事をしているのか?

この本では、その辺を種明かししてくれています!


桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか書名
鳩山玲人(著)
偉業を成した人の生き方と考え方



1番のポイントをネタバレ気味に

ではでは!
さっそくこの本の1番のポイントをネタバレ気味に抜き出すと・・・

ズバリ!
桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで『考えつく限りの工夫』と『死ぬほどの努力』を積み重ねてる!って事ですね。

桁外れに頑張ってるから、桁外れの結果が出る!

ある意味、本当に当たり前で、種も仕掛けもない訳ですね。


正直、著者の『鳩山』という苗字を見た時に、「七光り?」「コネ?」といった言葉が脳裏をよぎったのですが、読んでるうちに見事に吹き飛びました(笑)

これだけの『工夫』と『努力』を積み重ね、毎日意識して『成長』していれば、まあどんな人でも『桁外れの結果』が出せるのでは?

タイトルを見て、魔法のような裏技を期待してた方には、オススメ出来ないかも?(笑)

読了後のザックリとした感想!

読み終わった後の感想を言わせてもらうと・・・

ただただ、スゲーな!

ホント、頭がさがるわっ!といった感じでしょうか?


ボクも鳩山さんの流儀に近くて、人の2倍の結果を出したかったら、2倍頑張る!というシンプルな流派です。

でも、緻密さと徹底さが違うんですよねー。

だから、ボクは桁外れにならないんだ!っと妙に納得してしまいました(笑)

内容的には、「会社員として、桁外れの結果を出すためのマインドセット」について書かれています。

でも、フリーランスや起業家、経営者の方でも、たくさん得るものがあると思います!

あらすじをサクッと要約

ではでは、この辺であらすじをサクッと要約しておきます・・・

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

新しい部署の本や資料の読み込みから、様々な専門分野、取引先の調査など、とにかく考え得る限りの勉強をする。

果てしない「工夫」と「努力」を繰り返している。

不安をうまく利用するから、結果が出せる

不安や恐怖をバネに努力を続け、何事にもチャレンジして行く。

もしミスったら、自分の中を確認して即改善。

こうして即座にPDCAを回すことで、成長の速度を早める。

人間関係をおろそかにすると、どんな努力も無駄になる

年にこだわらず、全ての人に敬意を払い、学ばせてもらう。

苦手な人の話や耳の痛い話にも、積極的に耳を傾ける。

今の時間の使い方が、3カ月後の仕事の実績を左右する

時間は全員に平等に1人24時間しかない、最も大切なリソース。

時間の使い方には、細心の注意を払うべき。

現状に満足した瞬間、成長はストップする

過去の実績を引きずったり、現状に満足せずに、常に努力と成長を続けること。

さらに、大胆さも失わずにチャレンジを続ける。

私が新人の頃から徹底してきた仕事の基本

受け身で仕事をせずに常に考える。

何事も率先してこなし、部下が出来たらまず自分がやってみせること。

最後に一言だけ&まとめ

いやー、ホント勉強になりました!

本多静六さんの本を読んだ時のような、清々しい気分と、たくさんの気付きがありました。

1つだけネガティブな点があるとすれば・・・

avatar

ヨシ

これ、本当に全部やってるの?


っと、まだチョット信じられない点(笑)

読んだだけででは意味がないので、行動に落とし込もうとすると、なかなか厳しい!

著者の鳩山さんが、自分に厳しすぎるので、真似するのが難しいのが難点かも?

口コミや評判の内容をチェックすると、ボクと同じように感じてる人もやっぱりいるようですね(笑)

まあ!
基本的な考え方やマインドセットだけでも、勉強になるから良いんですけどね。

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか書名
鳩山玲人(著)
偉業を成した人の生き方と考え方

その他の読書レビュー一覧はこちら↓