独立や起業ってギャンブルなの?いや、絶対違うでしょ!

こんにちは、ヨシ(@yoshi001)です!

ボクが独立する時、よく言われた言葉があります。

それは!

avatar

友達

起業って、本当にギャンブルだね?
危なっかしくて、見てられないよ!


でも!
ボク的には、石橋を叩きまくって堅実にやっているつもりです。

え?ギャンブル?
絶対違うでしょ!

avatar

ヨシ


なーんて言い返していましたが・・・(笑)

コレって多分、やってる方と見てる方の景色が、全く違うからなんですよね。

っという事で今回は、独立や起業ってギャンブルなの?っというお話・・・

avatar

ヨシ

3分ほどで読み終わると思います。
ぜひ最後までお付き合いください!

事業計画や収支計画って必要?

事業計画

まずは、一般的なお話から!

世間の一般的な認識だと、起業のリスクを減らすためには、細かい事業計画や収支計画が必要とされてますよね?

起業系の本やセミナーなどでも、綿密に計画を立てるのが良い!っという感じになっているかと思います。

でも、コレって正直、時間の無駄だと思うんですね。

確かに、一度成功したビジネスモデルを展開する時なんかには、すごく役に立つかと思います。

ただ、初めてのケースの場合、ゼロの状態でいくら細かく計画を立てても、予定通りになんか行きません。

ザックリとした計画ならまだ良いとは思うのですが、それ以外は必要ないと思っています。

まずは、いきなり売ってみる!

テスト販売

ではでは、計画を立てないで一体何をするかと言うと・・・

まずは、いきなり売ってみるのがオススメ!


『おーい!』

『計画ナシでいきなり売るって、やっぱりギャンブルじゃん!』

うーん、ちょっと待ってください!

そもそも!
売れるか売れないか分からない物の計画を立てたり、思い悩んだりするのって時間の無駄ですよね?

なので、まずは自分の「サービス」や「技術」や「商品」が売れるのか、試してみる事が大切です!

ただし、大々的に売るのでなく、あくまで本番に向けた「テスト販売」のような感じ。


試合で打席に立つ前に、バッティングセンターに行って、試し打ちするようなイメージでしょうか?

ここで、自分なりの手応えをつかめると思うんです。

サービスに磨きをかける

手応えがつかめたら、次に自分の「サービス」や「技術」や「商品」に磨きをかけます。

これは毎日毎日、素振りを繰り返すようなイメージでしょうか?

そして、納得行くまで磨きをかけたら、またテスト販売で反応を見ます。

きっと、前よりさらに大きな手応えを掴めると思います。

だいたいの数字をつかむ

ティーバッティング

っとこんな感じで、「テスト販売」と「磨きをかける」という工程を繰り返すと、見えてくる物がありますよね?

そう!
だいたいの数字です!


例えば、100球のうち、80球は良い当たりを飛ばせる。

本番の打席では、これの70%ぐらいはチカラを出せるかな?っという感じでしょうか?

この時点で計画を立てても良いですが、別に立てなくても、ここまで来ればだいたいの見通しはつくと思います。

起業に踏み切る

さてさて、いよいよ起業に踏み切る時が来ました。

ここで、問題が起きる訳です!

やってる方から見えてる景色は・・・
POINT!
  • 計画なんて要らない
  • 資金もたいして要らない
  • テストと同じようにやれば、確実に上手く行く
堅実以外の何ものでもないですよね?

でも!
周りで見てる方からの景色は・・・
POINT!
  • えっ?計画がない?
  • 資金もない?
  • なのに自信満々?
  • おい!おい!
っという風に見えてしまう訳ですね。

何がギャンブルで何がギャンブルじゃないのか?

ポーカー

っとこんな感じで、結局何が言いたいのかというと・・・

起業って、やり方によっては、全然ギャンブルじゃない!って事。


小さなテストやブラッシュアップを繰り返してる訳ですから、根拠だって充分!

計画や資金が無くたって、100%上手く行く確信があるんですよね。

ただ、周りで見てる方からは、計画や資金の方が重要に見えてて、コレがないとギャンブルだ!ってなってしまう訳です。

この時に、ブレない芯を持っておかないと、すごく危険です!

なぜなら『危なっかしくて、見てられないよ!』なんて言ってくれるのは、自分を本気で心配してくれている家族や仲の良い友人が多いからです。

この手の言葉に流されて、予想だけの数字で作った謎の事業計画や収支計画を元に起業したり。

どこからか資金を借りるなんて事になったら、失敗する確率が飛躍的に増えてしまいます!

こっちの方が、よっぽどギャンブルになってしまいますよね?

まとめ

さてさて、少し長くなりましたので、この辺でまとめます!

計画
ゼロの状態で作った細かい事業計画や収支計画は不要
まずはいきなりテスト販売
だいたいの手応えをつかむ
磨きをかける
「技術」や「サービス」や「商品」の質を高める
だいたいの数字をつかむ
テスト販売→磨きをかけるを繰り返して数字をつかむ
起業
っとこんな感じでやれば、独立も起業も絶対ギャンブルにはならないと思います!
ヨシ
ヨシ
- 今回のまとめ -
売る前に立てた、謎の事業計画や収支計画を元に起業するのは、大きなギャンブル!
いきなりたくさんの資金を準備するのも、大きなギャンブル!
計画や資金よりも、テスト販売→磨きをかけるを繰り返す事。
その数字を元に起業すれば、ギャンブルにはならない!

この記事もあわせて読みたい↓