『攻めるロングセラー(係長 マッキー:著)』の要約と感想をまとめてみた!

最近のマーケティングの中では、SNSってほぼ必須のツール!

広告費の少ない中小企業なんかでは、とくに大切ですよね?

ある日突然『Twitterを担当してくれ!』なーんて話も、けっこうあるあるなのでは?

そんな時にピッタリなのが『攻めるロングセラー パインアメ「中の人」の心得(係長 マッキー:著)』


この本では、会社の顔としてのマナーや心構え、SNSリテラシーetc.

ツイッターを始めるにあたっての基本中の基本が、わずか20~30分ほどで学べます!

しかも!
パインアメの中の人のマッキーさんの、率直で分かりやすい文章や説明が、とっても好印象
(*^^)

攻めるロングセラー パインアメ「中の人」の心得
係長 マッキー(著)
Twitter運営はじめの一歩!

1番のポイントをネタバレ気味に

ではでは!
さっそくこの本の1番のポイントをネタバレ気味に抜き出すと・・・

Twitterを炎上させずに盛り上げるコツは?

個性を出しながら、Twitterを楽しむこと!

ただし!
目的は、あくまでもお客さまとのコミュニケーション。

企業の顔であるという自覚を忘れずに、ソコはしっかり一線を引くこと。


・・・っという事のようです。

個性を出し楽しみながらも、自覚を忘れないって、なかなか難しいですよね?

バランスが大切って事なんでしょうね。

あらすじをサクッと要約

つぎに!
順をおって、あらすじを箇条書き風に要約して行きます。

ザッと内容をつかんでみてください!

「中の人」前夜 -パインアメの未来を担う-

Twitterでのマーケティングを会社に提案したら、いきなり担当者に任命されたマッキーさん。

でも、会社の顔として、最低限2つのルールを決める。
  1. 特定の人を傷つける内容の投稿はしない
  2. パインアメや自社商品から離れすぎない

とにかくTwitterを始めてみた -フォロワー数10万人を超えるまで-

ルールは決めたけど、会社の顔として何を投稿すべき?

訳が分からないまま、「ゆるーく」つぶやく宣言!

そして、パインアメを使ったアイコンを、作り続ける。

Twitterを続けると、フォロワー数を増やす事に執着しがち。

でも、SNSの目的は、お客さまとのコミュニケーションである事を忘れない。

そして・・・

「パインアメは吹いても鳴らない」という、ツイートで3万リツイート!

「誰もが知ってるものの、知らない一面を伝える」がポイント?

Twitterから生まれたもの -数々のコラボレーション、そしてご縁-

Twitterがきっかけになって、他社とのコラボが実現!
  • シャープ×セガ×パイン
  • ニッセン×パイン「激怒Tシャツ」誕生
  • 鳴らないパインアメをプロの演奏家が鳴らす「パインチャレンジ」

Twitterを力に -企業アカウント「中の人」の心得-

  1. 「目的」を忘れない
    お客さまとのコミュニケーション
  2. つぶやける「ネタ」作り
    定期的につぶやけるネタを作っておく
  3. 「空気」を読む
    日本全国で起こっている災害などにも配慮が必要
  4. 「自分らしさ」を出す
    自分や自社の個性を打ち出していく
  5. フォロワーの皆さんを「味方」に
    お客さま同士の交流もバックアップ

パインアメのマーケティング -コマーシャルなきPR術-

  • 会社の情報や会社の歴史は、中の人にとって宝の山。
  • 会社名のエゴサーチも宝の山。
  • チャレンジを続ける「攻め」の姿勢を忘れないこと!

最後に一言だけ感想

最後に一言だけ感想を言わせてもらうと・・・

シンプルで分かりやすくて、良い本だなー!っと思います。


Twitterの運営関係の本は、2010年~2013年ぐらいに出版が集中してて、ちょっと情報が古いのが多いんですよね。

その中で、この本は情報が新しいので、まず貴重な存在です。

また、口コミや評判をチェックすると、「内容が薄い!」なーんてレビューもあります。

確かに、アカウントの開設法やら、運営上のTipsや細かい小技などはありません!

でも、その辺の事は、ネットでも拾えますよね?

そんなありふれたノウハウよりも・・・

ボク的には、運営に大成功したTwitter担当者の空気感に触れられる事のほうが、全然貴重かな?っと思います。

とりあえず、会社の公式Twitterの担当になった!なんて時は、Twitterの本3~4冊は読みますよね?

そんな時の1冊!って考えておけば良いかも?

攻めるロングセラー パインアメ「中の人」の心得
係長 マッキー(著)
Twitter運営はじめの一歩!

この記事もあわせて読みたい!↓