週末を利用して、戸隠神社に行って来ましたー。

山から吹く風の凜とした空気感が気に入って、最近めっきり長野にハマっているのですが。。。

いやはや、戸隠は別格ですね。



togakushi01



神社の鳥居をくぐる時に感じる「掃除したての部屋みたいなサラサラ感」って分かります?

戸隠神社は、山の「凛とした感じ」に、この「サラサラ感」がプラスされているんです。

いやー、私のような者でも、空気吸ってるだけで、清い人間になれそうです(笑)


さらに、奥社参道の杉並木は、もう圧巻!

人間が豆粒・・・ (; ̄◇ ̄


togakushi02


ところで、パンフや資料を読んでいると、またまた引っ掛かる事が!

戸隠神社の宮司さんは、代々「犬飼さん」なんだとか。

しかも、戸隠神社の登り口は、昔は「犬飼の里」と呼ばれていたらしい。


戸隠神社と言えば、戸隠流忍術の中心地です!

犬養系の人々が住んでて当然なのですが、戸隠流は四犬養のうち、いったいどの氏族なんでしょう?


真田氏と甲賀忍者のルーツについて >>



ルーツを探って行く時のポイントは、『名前』と『地名遷移』と『祀ってる神様』の3つ!

今回の場合、『名前』は『犬飼=○○犬養』です。


『地名遷移』は、「長野」は「信濃」と呼ばれ、古くは「科野(シナノ)」と書きました。

でも、これ、本当はシナノと読まないで、正しくは「科野(カヤ)」なんですよね。

「科野(カヤ)」=「伽耶(カヤ)」

つまり、長野はカヤなので、伽耶族の犬養氏が居ても、やっぱりおかしくない訳です。


最後に『祀ってる神様』

戸隠神社の祭神を見ていくと、中社は思兼命、奥社は天手力雄命。

天手力雄命は、思兼命の子供で、別名は阿居太都と言います。


阿居太都の後裔氏族は。。。県犬養氏!


っという事で、戸隠流忍術は県犬養氏の流派だった!というお話でした。



▼忍者と忍術のルーツ