十王戦争とプール族とフルリ人

インドの聖典リグ・ヴェーダに、十王戦争という古い戦いの記述があります。

一般的には、北部からインドに侵入して来た、アーリア人同士の内部抗争なんて言われています。

でも、よくよく調べていくと、どうも違うようなんです。



当時インドでは、アーリア人のバラタ族とトリツ族が、急激に勢力を伸ばしていました。

ここに、同じアーリア人のプール族が、非アーリア系の9人の王と連合して戦いました。

《十王戦争=バラタ族 vs プール族》


十王戦争
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E7%8E%8B%E6%88%A6%E4%BA%89


っと、これが十王戦争の概要ですが。。。思いっ切り引っかかりますよね?

「プール族は、何でアーリア人ではなく、わざわざ違う民族と組んだんだろう???」



chariot



アーリア人と言えば、アッシリア人=アムル人です。

アムルの一部は、中央アジアや南ロシア辺りから、北上しバルト海沿岸に住み着いています。

つまり、《バラタ族=バルト海に居たアムル人》


では、プール族は?

調べて行くと、「プール」は「フルリ」の転訛で、「プール族=フルリ人」って事のようです。


フルリ人と言えば、ミタンニやウラルトゥ、ヒッタイトなどの王族で、民族・系統は不明?

では、言語は?


フルリ人
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%AA%E4%BA%BA

フルリ・ウラルトゥ語族
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E8%AA%9E%E6%97%8F


フルリ・ウラルトゥ語という、系統不明の孤立した膠着語。。。

って事は、やっぱり!

《プール族=フルリ人=エラム人》って事!


エラム人とアムル人 >>



っとこんな感じで調べてみたら、十王戦争はアーリア人の部族間同士の争いではなく!

インドで、アムル人が多数のエラム人王国を倒し、覇権を確立した戦争だったようですね。



▼バリ島と日本のルーツ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ