以前にこのブログで、アラ族と坂東平氏のお話をしました。

  • アラ族の王族は、オリエントやインドを統治していた時代、タージ(ターイ)と呼ばれていた
  • タージとは、王冠という意味で王権を象徴していた
  • タージの子孫が多治比(タジヒ)と名乗り、そのまた子孫が平(タイラ)と名乗った

つまり、坂東平氏はアラ族の阿波忌部の流れをくんでいるということ。

だから、平将門がアラ族の象徴である九曜紋を使っている訳ですね。



将門公終焉の地 國王神社
将門公終焉の地 國王神社


さてさて、その平将門公が熱心に祀っていたのが妙見様!

各地に妙見神社を建てています。

歴史の授業では・・・
  • 妙見信仰は道教と仏教が習合したもので、中国から渡来人が持ち込んだ
  • 武門にご利益があるとされ、武士が盛んに信仰した
なーんて習った気がしますが、そんなはずないですよね?



祀ってる神様は、普通に考えれば祖神やらご先祖様のはず!

中国から来た、縁もゆかりもない神様をそんなに熱心に祀る意味が分かりません。


っという事で「妙見様って、アラ族でしょ?」っと思ったので、ちょっと調べてみると・・・

妙見信仰とは、古代バビロニアにはじまり、インドと中国を経て、仏教と共に我が国に伝来した

秩父神社(御祭神・由緒)
秩父神社(御祭神・由緒)


やっぱり、バビロニア→インド→アジアとアラ族と同じ流れに!

でも、これだけでは『妙見様=アラ族』の証拠にはならないですよね?

そこで、もう少し調べてみると・・・

妙見菩薩と同一と見なされている天之御中主神

妙見菩薩
妙見菩薩 – Wikipedia


なるほど『妙見菩薩=天之御中主神』って事なんですね?

どうりで、将門公の後裔の千葉氏も、天之御中主神を北辰妙見尊星王として祀っている訳です。


もう一息!

っという事で「妙見 天之御中主」でググってみると・・・

ビンゴッ!



minakanushi
天之御中主(妙見)神社


ガッツリ九曜紋!
アラ族の紋章です!

っという事で・・・

妙見様=天之御中主神=アラ族の祖神


やっぱりこれで間違いなさそうですね?


▼バリ島と日本のルーツ