先日、調べ物をしていたら、こんな新聞記事に出くわしました。

「織田氏は平氏ではなく、真のルーツは町ゆかりの忌部氏」

平氏説について「信長を作為的につなげるため、親真を系図上で利用したと考えられる」と指摘

信長のルーツは忌部氏
信長のルーツ、平氏ではない? 福井に始祖の墓 | 日本経済新聞


簡単に言うと・・・

  • 織田信長の出自は、忌部氏
  • 通説の桓武平氏説には、作為があった
っという事!


歴史好きな人の間では、織田氏の出自が忌部氏である事。

福井県の織田劔神社の神官の家系で、劔神社のルーツが徳島県の剣山って事は、けっこう有名なお話!

わざわざ取り上げるような事ではないのですが・・・


私が引っかかったのは、『織田氏は平氏ではない』の部分!

忌部氏と言えば倭国系なので、確かに桓武平氏ではありません!

でも、忌部氏だからこそ、平氏を名乗るんですよね。


これは、信長の時代でもまだ、倭国系出自や忌部氏出自である事は、言うのが憚られていたから。

そこで、仕方なく忌部氏のオリエント統治時代の呼び名『タージ(ターイ)』を元にして、タイラを名乗り『忌部じゃない!』として。

さらに念には念を入れて、頭に『桓武』をつけて、『倭国系でもない!』とするのが作法となっていたようです。



少し長くなりましたので、最終的にまとめると・・・
  • 織田信長の出自は忌部氏
  • 織田氏は桓武系ではないが、忌部氏だからこそ平氏を名乗った
・・・っとこんな感じでしょうか?

▼バリ島と日本のルーツ